仙台通宝

古銭 > 穴銭 > 仙台通宝

 

  [スポンサードリンク]

仙台通宝

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

仙台通宝は、地方銭の一種で、天明4年(1784年)仙台藩が領内での通用として鋳造されました。

形は四角形の角を丸くした外郭で、中心には穴銭の特徴でもある正方形の穴が開いています。

素材は、鉄 で出来ていて手にもつとその重みを感じるころができます。

仙台通宝

仙台通宝


江戸時代の仙台藩では、寛永通宝を鋳造しておりましたが、天明の大飢饉の影響で、藩の財政が苦しくなったことをきっかけに、5年間という期限付きで、この仙台通宝を鋳造しました。

鋳造当初は大型であったが、次第に小さくなり、幅23ミリを大様、22ミリを中様、20ミリを小様と分類しています。

鋳造量は、308,000,000枚です。

その為、仙台通宝は、1両につき10貫800文であったのが、21貫文まで相場が下落。

結果、5年の期限を待たずに鋳造が中止とされました。

現在の取引価格は、1,500円から300円程度です。

写真の私の仙台通宝も1,000円で購入致しました。

 

名称
素材
年代
西暦
価格
仙台通宝(小様)
天明4年
1784年
1,500円~300円(母線50,000円)

 

 
[スポンサードリンク]



 

 

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


 

 

関連情報

  1. 新寛永通宝 母銭 元文期 十万坪 背十 の見分け方と買取価格
  2. 新寛永通宝 母銭 虎ノ尾寛(和歌山)の見分け方と買取価格
  3. 洪化通宝の特徴と買取価格の相場
  4. 永楽通宝の全種類と特徴、その買取価格
  5. 寛永通宝 寛文8年(1668年)~享保2年(1717年)に鋳造された新寛永銭の取引価格と見分け方
  6. 絵銭 水戸虎銭と水戸降兵の見分け方と取引価格
  7. 寛永通宝 新寛永銭『背盛』の特徴と見分け方、その取引価格
  8. 寛永通宝 古寛永銭と新寛永銭の見分け方
  9. 寛永通宝 古寛永銭 の全種類とその取引価格
  10. 大泉五十(たいせんごじゅう)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です