大泉五十(たいせんごじゅう)

古銭 > 穴銭 > 大泉五十(たいせんごじゅう)

 

  [スポンサードリンク]

大泉五十(たいせんごじゅう)

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

大泉五十は中国は、新の時代 西暦7年に発行された貨幣です。

読み方は、たいせんごじゅうと読みます。

大泉五十の表面の上に「大」、下に「泉」、右に「五」、左に「十」の文字が刻まれています。

それで、大泉五十と言うんです。

大泉五十(たいせんごじゅう)

裏側には文字は刻まれていません。

大泉五十(たいせんごじゅう)

銭の中央には、穴銭の特徴でもある穴があり、その穴には縁がある内郭となっているのも特徴です。

古い割には、相場的には2,000円から700円で取引されています。

素材は、銅で私の所持している大泉五十も写真のとおり青錆びが出ています。

 

 

名称
素材
年代
西暦
価格
大泉五十
7年
2,000円~700円

 

 
[スポンサードリンク]



 

 

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


 

 

関連情報

  1. 新寛永通宝 母銭 元文期 十万坪 背十 の見分け方と買取価格
  2. 新寛永通宝 母銭 虎ノ尾寛(和歌山)の見分け方と買取価格
  3. 洪化通宝の特徴と買取価格の相場
  4. 永楽通宝の全種類と特徴、その買取価格
  5. 寛永通宝 寛文8年(1668年)~享保2年(1717年)に鋳造された新寛永銭の取引価格と見分け方
  6. 絵銭 水戸虎銭と水戸降兵の見分け方と取引価格
  7. 寛永通宝 新寛永銭『背盛』の特徴と見分け方、その取引価格
  8. 寛永通宝 古寛永銭と新寛永銭の見分け方
  9. 寛永通宝 古寛永銭 の全種類とその取引価格
  10. 穴銭 内郭五銖(ないかくごしゅ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です