洪化通宝の特徴と買取価格の相場

古銭 > 穴銭 > 洪化通宝の特徴と買取価格の相場

 

  [スポンサードリンク]

洪化通宝の特徴と買取価格の相場

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

洪化通宝は、1678年 中国 周の皇帝 呉 世ハン(ご せいはん)によって鋳造され、江戸時代 長崎などの貿易地から支払代金に紛れて日本に入って来ました。

その為、この種の銭は輸入銭と呼ばれております。

この洪化通宝もご覧のとおり、穴銭の一種で、その銭の中心には穴銭の特徴である正方形の穴が開いています。

明治政府の新貨幣制度の制定で、この輸入銭の一部を1厘として使用することを認めたため、昭和初期の廃貨まで納税代金として利用され続けておりました。

輸入銭に分類されている古銭に、この『洪化通宝』の他、30種類以上のものが存在しております。

その輸入銭で、一番高価なものは \10,000円前後 の値段で取引をされております。

 
洪化通宝の特徴と買取価格の相場

 

 
洪化通宝の特徴と買取価格の相場

 

名称
素材
年代
西暦
価格
洪化通宝
明 / 呉 世ハン
1678年
300円~1,000円

※日本貨幣商協同組合発行「日本貨幣カタログ」より価格を掲載しております。

 

 
[スポンサードリンク]



 

 

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


 

 

関連情報

  1. 新寛永通宝 母銭 元文期 十万坪 背十 の見分け方と買取価格
  2. 新寛永通宝 母銭 虎ノ尾寛(和歌山)の見分け方と買取価格
  3. 永楽通宝の全種類と特徴、その買取価格
  4. 寛永通宝 寛文8年(1668年)~享保2年(1717年)に鋳造された新寛永銭の取引価格と見分け方
  5. 絵銭 水戸虎銭と水戸降兵の見分け方と取引価格
  6. 寛永通宝 新寛永銭『背盛』の特徴と見分け方、その取引価格
  7. 寛永通宝 古寛永銭と新寛永銭の見分け方
  8. 寛永通宝 古寛永銭 の全種類とその取引価格
  9. 大泉五十(たいせんごじゅう)
  10. 穴銭 内郭五銖(ないかくごしゅ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です