1厘銅貨(いちりんどうか)

古銭 > 銅貨 > 1厘銅貨(いちりんどうか)

 

  [スポンサードリンク]

1厘銅貨(いちりんどうか)

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

近代貨幣のひとつ1厘銅貨(いちりんどうか)です。

 
1厘銅貨(いちりんどうか)

 
1厘銅貨(いちりんどうか)

 

発行年間
1873年(明治6年)~1884年(明治17年)
大きさ
15.75ミリ
量目
0.91g
素材
銅 98%, 錫 1%, 亜鉛 1%

 
製造された年代と、その銅貨の使用状況により下記の表のとおり取引価格が変わってきます。

明治8年には前期と後期の2種類があり、最大20倍の価格差があります。

 
その前期と後期の2種類の見分け方は、銅貨裏面ので見分けます。

『前期の明』はハネで、『後期の明』はトメの書体です。

 
1厘銅貨(いちりんどうか)明治8年前期・後期の見分け方

 
お持ちの銅貨の価格を調べてみてはいかがでしょうか。

 

年号
西暦
発行枚数(枚)
価格(円)
完未
未使用
極美品
美品
並品
明治6年
1873
6,979,260
12,000
10,000
5,000
3,000
1,500
明治7年
1874
7,000
5,000
2,500
1,300
600
明治8年(前期)
1875
3,718,840
15,000
12,000
6,000
3,000
1,500
明治8年(後期)
1875
120,000
100,000
80,000
50,000
30,000
明治9年
1876
23,000
1,000,000
750,000
600,000
500,000
300,000
明治10年
1877
200,000
150,000
100,000
80,000
60,000
明治13年
1880
810
1,500,000
1,100,000
900,000
800,000
500,000
明治15年
1882
3,632,360
7,000
5,000
2,500
1,300
500
明治16年
1883
14,128,150
5,000
4,000
2,000
900
400
明治17年
1884
16,009,130
5,000
4,000
2,000
900
400

※日本貨幣商協同組合発行「日本貨幣カタログ」より価格を掲載しております。

 

 
[スポンサードリンク]



 

 

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


 

 

関連情報

  1. 稲1銭青銅貨の特徴と買取価格の相場
  2. 桐1銭青銅貨
  3. 1銭銅貨小型(在外貨幣 朝鮮貨幣)
  4. 5厘青銅貨(ごりんせいどうか)
  5. 菊5銭白銅貨
  6. 稲5銭白銅貨


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です