文政小判金(草文小判)

古銭 > 小判金 > 文政小判金(草文小判)

 

  [スポンサードリンク]

文政小判金(草文小判)

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

文政小判金(草文小判)です。

 

裏には「文」の刻印が打たれています。

 

「文」は、文政を表しています。

 

鋳造期間は、文政2年(1819年)から11年(1828年)。

 

また、金座人印「石」、吹屋棟梁印「吉」です。

 

「吉」の刻印は希少価値があります。
文政小判金(草文小判)表

 

文政小判金(草文小判)裏

 

 

鋳造量
11,043,360両 350,000円 300,000円 200,000円
品位 金559/銀441 量目 13.07g

 

 

 
[スポンサードリンク]



 

 

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


 

 

関連情報

  1. 天保一分判金の特徴と買取価格の相場
  2. 万延二朱判金の特徴と買取価格の相場
  3. 文政一朱判金(角一朱)の特徴と買取価格の相場
  4. 安政二分判金の特徴と買取価格の相場
  5. 文政一分判金の特徴と買取価格の相場
  6. 安政一分銀の種類と価格の見分け方
  7. 天保一分銀の逆桜で価値や価格が変わります
  8. 一分銀の種類と見分け方、購入価格について
  9. 一分判金の種類と見分け方、価格について
  10. 二分判金の種類と見分け方、価格について


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です