一分銀の種類と見分け方、購入価格について

古銭 > 小判金 > 一分銀の種類と見分け方、購入価格について

 

  [スポンサードリンク]

一分銀の種類と見分け方、購入価格について

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

一分銀は、天保8年(1837年)に初めて発行されてから、明治2年(1869年)までの間に、天保一分銀庄内一分銀安政一分銀明治一分銀の4種類が鋳造されました。

長方形の形で、表面には「一分銀」、裏面には「定 銀座 常是」と刻印されています。

 
安政一分銀(新一分銀)表

 
安政一分銀(新一分銀)裏

 
天保一分銀と明治一分銀の量目は8.66gと全く同じで、見分けづらくなっています。

見分け方は以下を参考にして下さい。

チェック天保一分銀の側面の上下に「桜」の印が2つありますが、明治一分銀にはその印はありません。
チェック天保一分銀の側面の左右に「桜」の印が3つありますが、明治一分銀にはその印はありません。
チェック天保一分銀の側面は滑らかだが、明治一分銀は荒いヤスリ目です。

庄内一分銀は、表面の中央右に小さく「」の文字が刻印されていますので他の一分銀とは一目で見分けられます。

下記は一分銀の種類と購入価格を表しています。

 

名称
種別
価格(円)
天保一分銀
普通品
8,000
6,000
3,500
跳分
25,000
15,000
10,000
長柱座
135,000
100,000
80,000
長跳分
220,000
150,000
100,000
庄内一分銀
普通品
30,000
25,000
18,000
跳分
70,000
50,000
35,000
跳分長柱
330,000
240,000
150,000
安政一分銀
普通品
7,500
5,500
3,300
中柱座
80,000
60,000
45,000
入分
50,000
40,000
28,000
玉一
100,000
80,000
55,000
明治一分銀
普通品
120,000
80,000
50,000
跳分
120,000
80,000
65,000
跳分・跳銀
200,000
130,000
100,000
明治手
40,000
30,000
20,000
非交又川常
65,000
45,000
30,000
非交又川常・跳分
150,000
100,000
55,000
非交又川常・跳分跳銀
200,000
150,000
80,000

 

 
また、天保一分銀の「跳分」、「長柱座」については天保一分銀をご覧ください。

 
一分銀のそれぞれの品位/量目は下記のとおりです。

名称
品位/量目
天保一分銀
銀991/その他9 量目 8.66g
庄内一分銀
安政一分銀
銀991/その他9 量目 8.66g
明治一分銀
銀991/その他9 量目 8.66g

 

 
鋳造時期を下記にまとめましたのでご参考にしてください。

名称
品位/量目
天保一分銀
天保8年~安政元年(1837~1854)
庄内一分銀
慶應4年(1868)
安政一分銀
安政6年~明治元年(1859~1868)
明治一分銀
明治元年~明治2年(1868~1869)

 

 
[スポンサードリンク]



 

 

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


 

 

関連情報

  1. 天保一分判金の特徴と買取価格の相場
  2. 万延二朱判金の特徴と買取価格の相場
  3. 文政一朱判金(角一朱)の特徴と買取価格の相場
  4. 安政二分判金の特徴と買取価格の相場
  5. 文政一分判金の特徴と買取価格の相場
  6. 安政一分銀の種類と価格の見分け方
  7. 天保一分銀の逆桜で価値や価格が変わります
  8. 一分判金の種類と見分け方、価格について
  9. 二分判金の種類と見分け方、価格について
  10. 天保五両判金


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です