古銭 - 特徴

古銭 > 特徴

  [スポンサードリンク]

 

特徴

新寛永通宝 母銭 元文期 十万坪 背十 の見分け方と買取価格

新寛永通宝 母銭 元文期 十万坪 背十

寛永通宝 背十とは、背面に『十』と言う字があることから背十と呼ばれています。   寛永通宝 背十の見 […]…

新寛永通宝 母銭 虎ノ尾寛(和歌山)の見分け方と買取価格

新寛永通宝 母銭 虎ノ尾寛(和歌山)の見分け方と買取価格

新寛永通宝 虎ノ尾寛をご紹介致します。 この寛永通宝『虎ノ尾寛』は、1740年頃 紀伊国名草郡中之島村、現在の […]…

洪化通宝の特徴と買取価格の相場

洪化通宝の特徴と買取価格の相場

洪化通宝は、1678年 中国 周の皇帝 呉 世ハン(ご せいはん)によって鋳造され、江戸時代 長崎などの貿易地 […]…

稲1銭青銅貨の特徴と買取価格の相場

稲1銭青銅貨の特徴と買取価格の相場

稲1銭青銅貨は、日本初の青銅貨です。 稲1銭青銅貨は稲5銭白銅貨と同時期に制定され、図柄も同様のものとなってい […]…

天保一分判金の特徴と買取価格の相場

天保一分判金の特徴と買取価格の相場

天保一分判金の特徴は、裏面の右上に鋳造期間を表す『保』の年代印が打たれています。 下の画像の赤枠がその年代印『 […]…

万延二朱判金の特徴と買取価格の相場

万延二朱判金の特徴と買取価格の相場

万延二朱判金の特徴は、『量目』と表面下部に『二朱』の文字が刻まれています。 万延二朱判金と天保二朱判金には『年 […]…

文政一朱判金(角一朱)の特徴と買取価格の相場

文政一朱判金(角一朱)の特徴と買取価格の相場

文政一朱判金(角一朱)は、文政7年にから天保3年に発行されました。 江戸時代に鋳造された唯一の一朱判金が文政一 […]…

安政二分判金の特徴と買取価格の相場

安政二分判金の特徴と買取価格の相場

安政二分判金は、『量目』と判金裏面の右上に『年代印』が打たれていないのが大きな特徴です。 下の画像の赤枠をご覧 […]…

文政一分判金の特徴と買取価格の相場

文政一分判金の特徴と買取価格の相場

文政一分判金の特徴は、裏面の右上に草書体の『文』の年代印が打たれています。 下の画像の赤枠がその草書体『文』で […]…

寛永通宝 新寛永銭『背盛』の特徴と見分け方、その取引価格

寛永通宝 新寛永銭『背盛』

寛永通宝は、古寛永と、新寛永に大別されます。 その数は長期にわたり鋳造されたため、その種類は数百種に及びます。 […]…

 

  [スポンサードリンク]