日本の古銭価格一覧と種類・見分け方が分かる日本古銭専門サイト > 紙幣 > 古紙幣|改正不換紙幣3次100円の価値と見分け方完未は5万円!

古紙幣|改正不換紙幣3次100円の価値と見分け方完未は5万円!

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

今回は、古紙幣の中から改正不換紙幣 3次100円 の価値見分けについてご紹介を致します。

 

この不換紙幣(ふかんしへい)とは、金・銀と交換できない紙幣を言います。現在の流通しているお金はすべて不換紙幣です。逆に、金・銀と交換できる紙幣は兌換紙幣(だかんしへい)と言います。

 

また、3次100円とは、聖徳太子の図案で印刷されるのが3回目であるため、通称「3次100円」とも呼ばれます。ろ百圓券とも呼ばれたりすることがありますので複雑ですよね(^^♪

 

そんな改正不換紙幣3次100円は、完全未使用ならなんと!50,000円もの値が付くこともあるんですよ(^^♪

 

改正不換紙幣3次100円

 

改正不換紙幣 3次100円 の見分け方

 

改正不換紙幣3次100円の表面中央には、聖徳太子が描かれています。この聖徳太子が描かれるのが3回目となるため通称「3次100円」と呼ばれます。

 

聖徳太子の周りには、「橘夫人念持仏厨子(たちばなふじんねんじぶつずし)」の光背(神仏から発する光)が描かれ、紙幣の左右には正倉院御物の「花鳥背八角鏡(かちょう はっかくきょう )」の背面に描かれている瑞鳥(ずいちょう)があしらわれています。

 

瑞鳥(ずいちょう)とは、めでたいことの起こる前兆とされる鳥で、鶴や鳳凰(ほうおう)などを意味しています。

 

古紙幣の表面中央上部には、皇室の菊花紋である十六葉八重表菊が印刷されています。

 

この改正不換紙幣には、通し番号がなく、左右上部の組番号のみで赤色で印字されています。下の写真の改正不換紙幣3次100円の組番号は、”149”です。

 

また、この改正不換紙幣には、前期と後期の2種類があり、さきほどの組番号で見分けることができます。

 

組番号が1から43までが前期、44から182までが後期です。

 

さらに!改正不換紙幣には、「証紙付」があります。下の写真の赤枠が「証紙」です。

 

改正不換紙幣3次100円の証紙付

 

この「証紙」が貼られている紙幣は、新様式の紙幣が発行されるまでの間、臨時的に新円と見なし使用することができました。

 

当時、この証紙は、日本銀行のほか、各地の金融機関に配布され、1枚1枚の銀行券に糊付けする作業が徹夜で行われたそうです。

 

裏面には、法隆寺の五重塔と金堂、その右側には大講堂が描かれています。

 

改正不換紙幣3次100円の裏面

 

当初2色刷りであった地模様ですが、終戦間もないこともあり、インクや用紙・印刷機といった資機材が欠乏したため単色化で製造されました。そのため、粗悪な作りとなっています。

 

大きさは、93ミリ X 162ミリです。

 

 

改正不換紙幣3次100円の価値

 

気になる価値ですが、さきほどご紹介した「証紙」が希少価値が高く、完全未使用なら55,000円もの値が付きます。「証紙」が付いていないと若干下がりますが、50,000円もの価値があります。

 

  完未 未使用 極美品 美品 並品
50,000 40,0000 25,000 13,000 7,000
証紙付 55,000 45,0000 28,000 20,000 11,000

※日本貨幣商協同組合発行「日本貨幣カタログ」より価格を掲載しております。

 

 

古銭の種類と価値の見分け方はこちら

 

 

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。