日本の古銭価格一覧と種類・見分け方が分かる日本古銭専門サイト > 紙幣 > 古銭紙幣の種類と買取り価格|昭和から平成の紙幣

古銭紙幣の種類と買取り価格|昭和から平成の紙幣

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

ここでは、1944年(昭和19年)から発行された古紙幣をご紹介致します。なじみのある紙幣が多いのですが、江戸幕末から昭和初期に発行された紙幣と違って市場価値が残念ながらまったく違います。

たとえば、1927年(昭和2年)に発行された日本銀行兌換券(裏白)200円の買取価格は、650万円から400万円もの価値があります。
が、一方、1958年(昭和33年)に発行された日本銀行券C号10,000円聖徳太子が未使用で、4万円の価値しかありません。
そこで、今回は1944年(昭和19年)から発行された馴染みのある古紙幣の価格を詳しくご紹介致します。

 

日本銀行券C号10,000円聖徳太子

 

日本銀行券10銭(八紘一宇

 

 

日本銀行券10銭(八紘一宇)
※画像クリックで拡大します

名称 日本銀行券10銭(八紘一宇)
発行年 1944年(昭和19年)11月1日~1953年(昭和28年)12月31日
額面 10銭
価値

 

状態 買取価格
未使用 600円
極美品 300円
美品 200円
並品 100円

※買取価格は日本貨幣カタログより引用

特徴

日本銀行から発行された紙幣です。それまでの多くの紙幣は政府が発行したものが多かったのですが、この日本銀行券10銭(八紘一宇)は日本銀行が発行しました。
日本銀行券10銭の表面左側には、宮崎県宮崎市にある「八紘一宇の塔」が印刷されています。この「八紘一宇の塔」は、神武天皇の即位から2,600年に当たる1940(昭和15)年に建てられました。また、「八紘一宇(はっこういちう)」とは、「日本書紀」に示された「八紘(あめのした)を掩(おお)ひて宇(いえ)にせむ」を、「全世界を一つの家のようにする」と解釈したものです。それが、第二次世界大戦中には、日本の中国・東南アジアへの侵略を正当化するスローガンとした説と、世界平和を願った人道の普遍的思想を示すものという諸説があります。現在は平和の塔という名前で呼ばれており、国内外から観光客が訪れる観光スポットになっています。
日本銀行券10銭(八紘一宇)の大きさは、51mm×106mmで、組番号は1~20までです。

 

日本銀行券5銭(楠公5銭)

 

 

日本銀行券5銭(楠公5銭)
※画像クリックで拡大します

名称 日本銀行券5銭(楠公5銭)
発行年 1944年(昭和19年)~1953年(昭和28年)12月31日
額面 5銭
価値

 

状態 買取価格
未使用 500円
極美品 250円
美品 150円
並品 100円

※買取価格は日本貨幣カタログより引用

特徴 日本銀行から発行された5銭紙幣で、10銭(八紘一宇)と同年に発行されています。それまでの多くの紙幣は政府が発行したものが多かったのですが、この日本銀行券5銭(楠公5銭)は日本銀行が発行しました。
日本銀行券5銭(楠公5銭)の表面左側には、楠木正成(くすのき まさしげ)が印刷されています。楠木正成は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将で、後醍醐天皇を奉じて鎌倉幕府打倒に貢献し、建武の新政の立役者として足利尊氏らとともに天皇を助けました。明治13年(1880年)には正一位(しょういちい)を追贈されています。ちなみに、正一位とは、諸王および諸臣に与えられる最高位の位階です。
日本銀行券5銭(楠公5銭)の大きさは、48mm×100mmで、組番号は1~14までです。

 

日本銀行券A号100円(4次100円)

 

 

日本銀行券A号100円(4次100円)
※画像クリックで拡大します

名称 日本銀行券A号100円(4次100円)
発行年 1946年(昭和21)年2月25日
額面 100円
価値

 

状態 買取価格
未使用 3,500円
極美品 1,500円
美品 1,200円
並品 600円

※買取価格は日本貨幣カタログより引用

特徴

日本銀行券A号100円は、1944年(昭和19年)に発行された3次100円に続き、聖徳太子が表面に印刷されたことから通称「4次100円」とも呼ばれています。また、表面左側には、夢殿が印刷されています。組番号は、1組から7352組まであります。紙幣の番号により、印刷局と工場も識別できるようになっています。
こちらが、その印刷局と工場の番号です。

局名 工場名 番号 印刷局 工場 番号
印刷局 滝野川 12 大日本印刷 市ヶ谷 14
酒匂 22 秋田 24
静岡 32 新発田 34
彦根 42 榎町 44
凸版印刷 板橋 13 共同印刷 小石川 15
富士 23 東京証券印刷 王子 16
大阪 33 小田原 26
帝国印刷 17 武生 36

 

日本銀行券A号100円(4次100円)

 

 

日本銀行券A号10円(講事堂10円)

 

 

日本銀行券A号10円(講事堂10円)
※画像クリックで拡大します

名称 日本銀行券A号10円(講事堂10円)
発行年 1946年(昭和21)年2月25日
額面 10円
価値

 

状態 買取価格
未使用 1,500円
極美品 800円
美品 400円
並品 200円

※買取価格は日本貨幣カタログより引用

特徴

日本銀行券A号10円のA号とは、4桁以上の数字で構成され、先頭の桁は常に「1」となっており、日本銀行券であることを意味しています。また、末尾の2桁は製造工場を表しており、先頭1桁と末尾2桁を除いた部分が組番号となています。なお、この日本銀行券A号10円には通し番号(講事堂10円)がありません。
こちらが、その印刷局と工場の番号です。

局名 工場名 番号 印刷局 工場 番号
印刷局 滝野川 12 大日本印刷 市ヶ谷 14
酒匂 22 秋田 24
静岡 32 新発田 34
彦根 42 榎町 44
凸版印刷 板橋 13 共同印刷 小石川 15
富士 23 東京証券印刷 王子 16
大阪 33 小田原 26
帝国印刷 17 武生 36

表面左側には、国会議事堂が印刷され、右側には鳳凰が印刷されています。このデザインは、民間によってデザインされ、大日本印刷や凸版印刷などの民間企業でも印刷されたことと、透かしが入っていないことから偽造が多発した紙幣です。また、表面のデザインが「米国」に見えるなどのことから、GHQの陰謀があるのではとの悪評が立ち、国会でも問題となったいわくつきの紙幣です。その後、この日本銀行券A号10円は、十円硬貨が市中に出回り始めた1953年に製造年月日となりました。

 

 

 

江戸時代(慶応)から古紙幣はこちらをご覧ください。

 

 

 

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。