日本の古銭価格一覧と種類・見分け方が分かる日本古銭専門サイト > 紙幣 > 古紙幣|大正兌換銀行券1円アラビア数字1円の価値ち見分け方

古紙幣|大正兌換銀行券1円アラビア数字1円の価値ち見分け方

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

今回は、大正5年(1916年)に発行された古紙幣の大正兌換銀行券1円(アラビア数字1円)の価値見分け方について解説を致します。

 

この兌換紙幣(だかんしへい)とは、金・銀と交換できる紙幣のことで、不換紙幣(ふかんしへい)とは、金・銀と交換できない紙幣を言います。現在の流通しているお金はすべて不換紙幣です。

 

明治22年(1889年)に発行された同じ図柄の銀行券(改造兌換銀行券1円)がありますので、その紙幣との違いの見分け方もご紹介しております(^^♪

 

高いものでは3万円もの価値がありますので最後までお読み下さいね(^^♪

 

大正兌換銀行券1円アラビア数字1円

 

大正兌換銀行券1円(アラビア数字1円)の見分け方

 

大正兌換紙幣銀行券1円(アラビア数字1円)は、大正5年(1916年)に発行されました。

 

明治22年(1889年)に発行された同じ図柄の銀行券(改造兌換銀行券1円)があります。

 

こちらがその改造兌換銀行券1円です。

 

ご覧のとおり、大正兌換紙幣銀行券1円と図柄が同じでしょう(^^♪

 

改造兌換銀行券1円(アラビア数字)

 

この二つの古紙幣は、一見すると見間違えるほどです。価値が4倍ほど違ってきますので注目して読んで下さいね。(^^♪

 

見分け方は、大正兌換紙幣銀行券1円の記番号がアラビア数字、改造兌換銀行券1円は漢数字の違いがあります。

 

改造兌換銀行券1円(アラビア数字)

 

見分け方が分かったところで、図柄を説明致しますね。

 

古紙幣の右側に印刷されているのが武内宿禰(たけしうち の すくね)です。

 

武内宿禰とは、景行(けいこう)・成務(せいむ)・仲哀(ちゅうあい)・応神(おうじん)・仁徳(にんとく)の5代(第12代から第16代)の各天皇に仕えたという伝説上の忠臣です。紀氏(きうじ)・巨勢氏(こせうじ)・平群氏(へぐりうじ)・葛城氏(かつらぎうじ)・蘇我氏(そがし)など中央有力豪族の祖とも言われています。

 

左上と右下には、通し番号が印刷され、右上と左下には、組番号が印刷されています。

 

大正兌換銀行券1円アラビア数字1円

 

左下と右上の組番号は、上の写真のように、「{」+数字3桁+「}」で印刷されています。

 

裏面左側には、1圓銀貨が印刷されています。

 

大正兌換銀行券1円アラビア数字1円 裏面

 

 

大正兌換銀行券1円(アラビア数字1円)の価値

 

大正兌換銀行券1円(アラビア数字1円)の気になる価値ですが、さきほどご紹介をした組番号で価値が違ってきます。

 

組番号が100番台で完全未使用なら3万円もの高値が付くこともあります。が、組番号が300番以降になると、完全未使用でも1,600円と価値が下がってしまいます。

 

  完全未使用 未使用 極美品 美品 並品
100番台 30,000 20,000 10,000 5,000 2,000
200番台 8,000 5,000 2,000 1,000 500
300番台以降 1,600 1,200 700 400 200

※日本貨幣商協同組合発行「日本貨幣カタログ」より価格を掲載しております。

 

古銭の種類と価値を知りたい方はこちら!

 

 

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。