日本の古銭価格一覧と種類・見分け方が分かる日本古銭専門サイト > 紙幣 > 大東亜戦争軍票1セントの取引価格と価値

大東亜戦争軍票1セントの取引価格と価値

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

今回は、大東亜戦争軍票1セントのご紹介とその取引価格価値についてご紹介を致します。

 

ちなみに、軍票とは、戦争時に占領地域で軍費調達のために政府あるいは軍によって発行された紙幣のことです。

 

大東亜戦争軍票1セントは、1942年(昭和17年) 大東亜戦争後、太平洋の島々から東南アジア、ビルマ、オセアニアに拡大する際に、石油、ゴム、錫などの重要な資源を確保するために発行されました。 

 

なぜ、総称かといいますと、大東亜戦争軍票には、「は号券」、「に号券」、「ほ号券」、「へ号券」、「と号券」の全部で5種類もあるからです。

 

それら軍票が発行された国と単位以下の通りです。

は号券

大東亜戦争軍票グルデン

旧オランダ領インドネシアで発行された軍票で単位はグルデンとセント(オランダ語で表記)。のちに日本が現地で発行した際に単位をルピアに変更した。

に号券

大東亜戦争軍票100ドル

旧イギリス領マレーシアで発行された軍票で単位は海峡ドルとセント。ちなみに、海峡ドルとは、19世紀から20世紀前半にかけて海峡植民地であったマレー半島のイギリス植民地で流通していた通貨を言います。

ほ号券

大東亜戦争軍票10ペソ

旧アメリカ領フィリピンで発行された軍票で単位はペソ。フィリピンでは軍票の濫発が激しかったため、猛烈なインフレーションに陥った。また現存するものの中には日本に補償を求めるスタンプを押したものが存在する。これは軍票所持者から信託を受けた団体が受領書を交付し、団体ではスタンプを押して管理していた名残である。

へ号券

大東亜戦争軍票ルピー

旧イギリス領ミャンマーで発行された軍票で単位はルピーとセント。

と号券

大東亜戦争軍票1シリング

英領太平洋地域で発行。単位はポンドとシリング。ガダルカナル島など太平洋島嶼部の占領地で使用されたが、現地では貨幣経済を必要としない部族社会であったため、実際に殆ど使用されなかった

 

写真の大東亜戦争軍票1セントは、「に号券」になります。

 

表面の中央には、「JAPANESE GOVERNMENT」と「ONE CENT」が印刷されておりますが、とてもシンプルなデザインになっています。

 大東亜戦争軍票 1セント(表)

 

裏面のデザインは表面以上にとてもシンプルです。

 大東亜戦争軍票 1セント(裏)

 

 大東亜戦争軍票1セント「に号券」の価値は下の表のとおりです。

 

残念ながらそれほどの価値はないので取引価格も高くはありません。

 

 

発行
大きさ
未使用
美品
並品
備考
1942年(昭和17年)
45mm x 95mm
300
150
100
分数記号あり

※日本貨幣商協同組合発行「日本貨幣カタログ」より価格を掲載しております。

※裏面の色には、模様・暗紫があります。

 

 

古銭の価値と種類はこちら

 

 

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。