古銭の保管方法について!古銭ってどのように保管をしておけばいいの?

古銭 > 古銭豆知識 > 古銭の保管方法について!古銭ってどのように保管をしておけばいいの?

 

福ちゃん

  [スポンサードリンク]

 

古銭の保管方法について!古銭ってどのように保管をしておけばいいの?

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

実は、古銭といっても、価値はすべて同じではありません。

 

同じ古銭でも、実は、状態の悪いものと良いものによって、数万円以上、高いものでは数百万円以上の価格差が出てしまうとういことも珍しくありません。

 

 

そこで古銭の保存方法や保存場所、やってはいけないことなどをご紹介致します。

 

 

古銭は保存状態の良し悪しで買取価格が変わる

 

このため、状態の良さを保つためには、その保管方法が大変重要となってきます。

 

 

古銭を適当な入れ物に入れたり、引き出しに直接入れている方も多いようですが、こういった古銭の保存方法ではとても傷つきやすく、状態も悪くなってしまいがちです。

 

このため、すぐに売りに出すつもりもなく、ある程度保管するつもりがあるのであれば、保管方法を知っておくことが必要となります。

 

 

状態のあまり良くない古銭を保管するための方法として、薬剤などを使って綺麗にしたり、研磨をしようと考えている方もいます。

 

しかし、これは価値や価格を下げる危険がありますのでやらない方が良いです。

 

なぜなら、古銭は、研磨や洗浄をすることによって、表面をすり減らしてしまうことになったり、キズやシミ、変色などができることもあるからなんです(^^♪

 

また、ぱっと見では綺麗になっているように見えても、研磨や洗浄をすることで、細かい傷が無数に付いてしまうこともあります。

 

そうなると、市場価値はがくっと落ちてしまうことになります。

 

 

実は古銭はある程度汚くても、洗浄をしていないもの、研磨されていないものの方が価値が高くなっている場合もあります。

 

このため、勝手に研磨や薬剤で洗浄するというのは避けた方が良く、基本的には、古銭は勝手に手を加えない方が市場価値が高いことがほとんどなんです。

 

 

ですので、下手にいじらないことが、価値を下げないための秘訣だと考えておくと良いでしょう。

 

このため、古銭の場合には、綺麗な状態にするというわけではなく、保管方法に気を配る必要があります。

 

 

 

古銭の保存方法のいろいろ

 

たとえば、古銭の保管方法として、コインアルバムだったり、ペーパーコインホルダーなどがあります。

 

 

これは私のコインアルバムですが一目でどんな古銭なのかと購入価格や市場価格を分かるようにしています。

 

 

私はコインアルバムに古銭を入れて大切に保管しています

 

私はコインアルバムに古銭を入れて大切に保管しています

 

これらの保管方法の場合、コインの裏表を見ることが出来るというメリットがあり、並べておくことが出来ますので、比較もすることが出来ます。

 

まさに、コレクターの方にぴったりの保管方法となっています。

 

長期保管ならば、保管しやすい方法であり見て楽しめるというメリットもあります。

 

 

 

コインアルバムを楽天市場で価格をチェックする>>>

 

 

さらに、スラブ型ケースなどもあります。

 

 

古銭の保存方法 スラブ型

 

こちらのケースは大変高級感がありますので、値打ちものの古銭を入れる保管方法としてぴったりです。

 

また、ロックをする事が出来るので、厳重に保管をしておきたいという方にはとてもぴったりの保管方法です。

 

 

 

スラブケースを楽天市場で価格をチェックする>>>

 

 

また、そのほかにもコインカプセルで保管するという方法があります。

 

古銭の保存方法

 

こちらのコインカプセルは、透明となっていて、耐久性が高いアクリル製となっています。

 

しかし、この場合には、ぴったりのサイズを選ぶ必要があります。

 

あまり大きいカプセルを選んでしまうと、カタカタと動いてしまうことになり、古銭に傷が付いてしまう恐れがありますので、保管方法としては良くありません。

 

このため、きちんと厚みなども適切なものを選ぶ必要があります。

 

これらの保管方法は、それぞれ単独で入れることが出来たり、複数枚を保持することが出来たりといった特徴があります。

 

 

これらは、アマゾンなどの通販サイトでも手に入りますし、数百円から千円程度で購入することが出来ます。

 

 

 

コインケースを楽天市場で価格をチェックする>>>

 

 

「相当の値打ちものでない」、または「それほど高い金額で売れない」などの場合やひとまず保管したいという場合には、ジップ付きビニールだったり、写真用のアルバムといったもので一時的に代用をするのも良いです。

 

 

写真アルバムなどに保管をしておく場合には、コインを入れて、そしてホッチキスなどで蓋をしておくことが必要となります。

 

1ページごとにホッチキスなどで留めるようにすれば、落ちてこないので、保管しやすく、こちらもチェックがしやすくなっています。

 

 

古銭は、このように保管方法としては、研磨だったり、薬剤などで洗浄せず手を加えないようにして、しっかりと保管をしておく必要があります。

 

 

 

古銭の保管場所

 

保管場所に関してですが、極力水分に触れないように気をつけて保管をしておくことが必要です。

 

また、カビなどを防ぐためにも、あまり密閉状態の場所に長く放置しておくことも良くありません。

 

適度に風通しの良い場所に保管しておきましょう。

 

保管場所などは適度な換気などを行い、周辺環境なども汚染されていないように気を配りましょう。

 

換気がなされず、空気が汚れている場合には、それらが変色の原因となってしまいます。

 

古銭を高く売るためには、その状態を保つことが、とても大切となっています。

 

注意をして、保管するようにしましょう。

 

 

 [スポンサードリンク]

 

 

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


 

 

関連情報

  1. 古銭の種類と価値を見分けるのは素人では難しい!
  2. 江戸時代の大判や小判、寛永通宝は現在の日本円の金額で何円?
  3. 古銭を高く買い取ってもらいたいなら磨いたり洗ったりしてはダメ!
  4. 古銭の価値や買取価格を簡単に調べる方法
  5. 日本貨幣商協同組合が発行する鑑定書とその鑑定料


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です