日本の古銭価格一覧と種類・見分け方が分かる日本古銭専門サイト > 銀貨 > 古銭銀貨|竜50銭銀貨と竜20銭銀貨・竜10銭銀貨の価値を比較

古銭銀貨|竜50銭銀貨と竜20銭銀貨・竜10銭銀貨の価値を比較

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

今回は、古銭銀貨の中から、明治6年(1873年)から明治39年(1906年)にかけて発行された竜50銭銀貨と竜20銭銀貨・竜10銭銀貨の価値や大きさを比較しながら解説を致します。

 

これらの銀貨の表面には、京都出身の金工師(きんこうし) 加納夏雄がデザインした竜が描かれていて、それぞれの銀貨の大きさは違うのですが竜の図柄は全く同じです。

 

これら3種類の銀貨の希少価値は高く、高いものではなんと!700万円もの値が付くこともあります。

 

そんな竜50銭銀貨と竜20銭銀貨・竜10銭銀貨の価値を分かりやすく比較しておりますので最後までお読み下さいね(^^♪

 

竜50銭銀貨

 

 

竜50銭銀貨と竜20銭銀貨・竜10銭銀貨の見分け方

 

竜50銭銀貨をはじめ竜20銭銀貨、竜10銭銀貨の表面には、京都出身の金工師(きんこうし) 加納夏雄がデザインした竜が描かれています。

 

多くの方は、竜が描かれている方が裏面と思われるようですが、実はこちらが表面なんですよ(^^♪

 

で、額面がある裏面の左側に桐、右側に菊が描かれ、中央上部には、十六葉八重表菊(じゅうろくようやえおもてぎく)がデザインされており、こちらも額面以外は同じデザインです。

 

竜20銭銀貨

 

竜10銭銀貨

 

竜50銭銀貨、竜20銭銀貨、竜10銭銀貨のどれも銀の含有量は80%で、残りの20%が銅から作られています。

 

また、竜50銭銀貨が一番大きく、直径が30.9ミリで、一番小さいのが10銭銀貨の17.57ミリです。

 

  素材 大きさ 重さ
竜50銭銀貨 銀:80% 銅:20% 30.9ミリ 13.48g
竜20銭銀貨 銀:80% 銅:20% 23.50ミリ 5.39g
竜10銭銀貨 銀:80% 銅:20% 17.57ミリ 2.70g

 

 

竜10銭銀貨と竜20銭銀貨・竜50銭銀貨の価値

 

気になる価値ですが、一番希少価値が高いのは竜50銭銀貨で明治13年(1880年)に発行された枚数が179枚と極端に少ない為、未使用で700万円もの値が付くこともあります。完全未使用ならそれ以上の値が付く可能性もあります。

 

そのほか、明治7年・9年・10年も発行枚数が少ない為、150万円以上もの値が付くこともあります。

 

こちらが竜50銭銀貨の価値になります。

 

年号 完未 未使用 極美品 美品 並品
明治6年(1873年) 95,000 60,000 20,000 9,000 5,000
明治6年(1873年)長年 250,000 180,000 100,000 70,000 50,000
明治7年(1874年) * 4,000,000 2,500,000 2,000,000 1,000,000
明治9年(1876年)下切 * 2,500,000 1,500,000 1,000,000 700,000
明治9年(1876年)上切 * 2,500,000 1,500,000 1,100,000 800,000
明治10年(1877年)下切 * 1,600,000 1,000,000 700,000 400,000
明治10年(1877年)上切 * 1,500,000 900,000 600,000 350,000
明治13年(1880年) * 7,000,000 4,500,000 3,000,000 2,000,000
明治18年(1885年) 350,000 180,000 50,000 28,000 18,000
明治30年(1897年)下切 60,000 30,000 6,000 3,000 2,000
明治30年(1897年)上切 400,000 200,000 150,000 100,000 80,000
明治31年(1898年)下切 100,000 50,000 20,000 10,000 7,000
明治31年(1898年)上切 45,000 23,000 5,000 2,800 2,000
明治32年(1899年) 50,000 25,000 6,000 3,000 2,000
明治33年(1900年) 120,000 50,000 6,000 3,500 3,000
明治34年(1901年) 170,000 80,000 12,000 5,000 3,000
明治35年(1902年) 250,000 120,000 35,000 15,000 8,000
明治36年(1903年) 200,000 90,000 20,000 8,000 5,000
明治37年(1904年) 50,000 25,000 6,000 3,000 2,000
明治38年(1905年)下切 50,000 25,000 6,000 3,000 2,000
明治38年(1905年)上切 80,000 40,000 10,000 5,500 3,500

※日本貨幣商協同組合発行「日本貨幣カタログ」より価格を掲載しております。

明治7年・9年・10年・13年の「*」は取引が無いほど非常に希少価値が高く価格が付けられていません。

 

 

明治6年(1873年)の「長年」とは、下の写真の左側のように、「年」の字の5画目の横棒が長くなっていることを言います。この「長年」は希少価値が高い為、25万円もの高値で取引がされることもあります。

 

竜50銭銀貨 長年ち普通年の比較

 

また、「下切」、および「上切」とは、ご覧のとおり、竜50銭銀貨の裏面のリボンの切り方が上を向いているか、下を向いているかを意味しています。

 

竜50銭銀貨の「下切」と「上切」の違い

 

 

竜20銭銀貨の価値も高く、明治13年(1880年)に発行された竜20銭銀貨は、なんと!未使用品なら500万円もの価値になります。これは、この年の発行枚数が96枚と極端にすくない為、希少価値が高くなり高価な値が付くという訳なんです(^^;

 

また、明治8年(1875年)と明治9年(1876年)銘のものには前期と後期があり、どちらも希少価値が高いのですが、明治8年前期で40万円、明治8年後期では15万円と値が下がってしまうものの高値で取引されています。

 

その明治8年の前期と後期の見分け方をご紹介致します。

 

赤枠で囲んだところに注目をして下さい。向かって左側が前期なんですが、左下に描かれた桐の葉が3枚あるのに対して、右側の後期は桐の葉が1枚しかありません。また、右側の菊の枝に描かれた葉が左側より多くなっているのがお分かりにりますでしょうか。また、「銭」の字の書体も違うのが分かるかと思います。

 

竜20銭銀貨明治8年前期と後期の図柄を比較

 

また、「欠日」といって、明治6年発行の表面にある大日本の「日」の第2画の上部横画が欠けている竜20銭銀貨があり、その価値は完全未使用なら20万円、未使用でも15万円もの高値が付きます。

 

竜20銭銀貨 欠日

 

 

年号
西暦
価格(円)
       
   
完未
未使用
極美品
美品
並品
明治6年
1873
30,000
15,000
5,500
3,000
1,800
明治6年
欠日
1873
200,000
150,000
80,000
50,000
35,000
明治7年
1874
60,000
38,000
15,000
10,000
6,000
明治8年
(前期)
1875
400,000
200,000
80,000
50,000
40,000
明治8年
(後期)
1875
150,000
100,000
50,000
35,000
25,000
明治9年
(前期)
1876
80,000
50,000
17,000
10,000
6,000
明治9年
(後期)
1876
27,000
15,000
6,000
3,000
1,500
明治10年
1877
120,000
70,000
20,000
13,000
5,000
明治13年
1880
***
5,000,000
3,500,000
2,500,000
1,800,000
明治18年
1885
25,000
10,000
3,500
2,000
1,300
明治20年
1887
25,000
10,000
3,500
2,000
1,300
明治21年
1888
370,000
200,000
65,000
35,000
25,000
明治24年
1891
45,000
20,000
6,000
4,000
2,500
明治25年
1892
45,000
17,000
4,500
3,000
1,600
明治26年
1893
40,000
16,000
4,500
3,000
1,600
明治27年
1894
80,000
30,000
4,000
2,000
900
明治28年
1895
30,000
10,000
3,000
1,800
900
明治29年
1896
40,000
17,000
5,500
3,000
1,800
明治30年
1897
24,000
10,000
3,000
2,000
900
明治31年
1898
20,000
8,000
2,800
2,000
900
明治32年
1899
20,000
8,000
2,800
2,000
900
明治33年
1900
170,000
80,000
30,000
20,000
10,000
明治34年
1901
450,000
300,000
80,000
50,000
40,000
明治37年
1904
24,000
10,000
3,000
2,000
900
明治38年
1905
20,000
8,000
2,500
1,800
900

※日本貨幣商協同組合発行「日本貨幣カタログ」より価格を掲載しております。

※明治6年欠日とは、「日」の第2画が欠落しているもの。

※明治8年前期のものは明治6年、7年型をいう。

※明治8年後期は「ハネ明」。

※明治9年前期は「ハネ明」。

※明治9年後期は「トメ明」。

 

 

最後に、竜10銭銀貨の価値ですが、明治35年(1902年)に発行された竜10銭銀貨は、なんと!250,000円にもなります。

 

そのほかの年代では、明治7年で22万円、明治34年で23万円と希少価値が高いため価値が上がります。

 

明治8年銘のものは前期と後期に分けられます。見分け方は、前期の方が表面の「明」の字の4画目がハネて2画目を突き抜けていますが、後期はハネていませんのでその点で見分けることができます。

 

また、明治6年にもハネた「明」があり「ハネ明」と呼ばれ完全未使用品なら15万円もの値がつくこともあります。

 

さらに!明治13年銘(1880年)のものは77枚しか発行されておらず市場でも非常に珍しいためその価値ははかり知れません。

 

年号
西暦
価格(円)
       
   
完未
未使用
極美品
美品
並品
明治6年
1873
20,000
10,000
5,000
2,500
1,300
ハネ明
1873
150,000
95,000
70,000
45,000
25,000
明治7年
1874
220,000
160,000
100,000
65,000
40,000
明治8年前期
1875
40,000
30,000
16,000
11,000
6,000
明治8年後期
1875
20,000
10,000
5,000
2,500
1,300
明治9年
1876
20,000
10,000
5,000
2,500
1,300
明治10年
1877
25,000
20,000
15,000
10,000
5,000
明治13年
1880
***
***
***
***
***
明治18年
1885
20,000
8,000
3,000
1,500
800
明治20年
1887
40,000
8,000
3,000
1,500
800
明治21年
1888
20,000
10,000
5,000
2,500
1,000
明治24年
1891
50,000
30,000
15,000
5,000
3,000
明治25年
1892
50,000
30,000
15,000
6,000
3,200
明治26年
1893
25,000
12,000
5,000
1,500
1,000
明治27年
1894
70,000
25,000
4,000
1,500
1,000
明治28年
1895
20,000
8,000
2,500
1,200
600
明治29年
1896
20,000
8,000
2,500
1,200
600
明治30年
1897
20,000
8,000
2,500
1,200
600
明治31年
1898
25,000
12,000
4,000
2,000
1,000
明治32年
1899
25,000
12,000
4,000
2,000
1,000
明治33年
1900
60,000
25,000
8,000
4,000
1,500
明治34年
1901
230,000
180,000
90,000
50,000
35,000
明治35年
1902
250,000
190,000
70,000
36,000
20,000
明治37年
1904
15,000
7,000
2,000
1,200
600
明治38年
1905
15,000
7,000
2,000
1,200
600
明治39年
1906
15,000
7,000
2,000
1,200
600

※日本貨幣商協同組合発行「日本貨幣カタログ」より価格を掲載しております。

※明治8年前期は明治の『明』の4画がハネているものをいいます。

※明治18年、26年に小文字があります。

※明治13年は発行枚数77枚の為取引価格がありません。

 

そのほかの古銭の価値を知りたい方はこちら

 

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。