明治二分判金

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

私は古銭の中でも一番好きなのが、この二分判金(二分金とも呼ばれたりします)です。

 

当時はこの二分判金2枚が1両に相当していました。

 

他の古銭より綺麗な深みのある文字から気品を感じるから大好きです(笑)  

 

この二分判金の表面には、「五三桐(ごさんのきり)」、裏面には後藤庄三郎光次(みつつぐ)の印と花押が刻まれています。

 

明治二分判金は、江戸幕府 第15代将軍 徳川慶喜(とくがわ よしのぶ)が政権を朝廷に返上した大政奉還の翌年の1868年に鋳造された古銭です。

 

1868年1月には、薩摩・長州の軍勢と旧幕府の軍勢が戦った「鳥羽伏見の戦い」や、戊辰戦争が始まった年で内戦続き、混乱していた時代でもあります。

 

写真の二分判金は、明治二分判金と言う古銭で、見てお分かりになるに「分」の八が払われずに止められています。そのため、「止メ分」とも呼ばれます。   

 

明治二分判金と同じ大きさや重さで区別がつきにくい万延二分判金がという古銭があります。

 

この万延二分判金は、状態にもよりますが¥80,000円から¥200,000万円もするほど希少価値が高い二分判金です。

 

一方の明治二分判金は、¥6,000円から¥12,000円と万延二分判金と比べるとかなり価値が下がってしまいます。

 

さらに!ヤフオクなどでは、その半額ぐらいで購入できたりもします(汗)

 

価値が低いのは残念ですが、古銭のコレクションをこれから始めたい方には手ごろな価格から購入することができます。

 

万延二分判金と明治二分判金の見分け方ですが、実に簡単!

 

さきほど、明治二分判金は「止メ分」とご紹介をしましたが、万延二分判金は「ハネ分」と呼ばれており、「分」の八がハネています。

 

そこが大きく違っている点です!!

 

また、明治二分判金の表面の「五三桐(ごさんのきり)」の底にVがあるのも特徴です。

 

万延二分判金の「五三桐(ごさんのきり)」の底にVがあるものもありますので、見分け方はさきほどご説明をさせて頂きました「分」の八のハネるか、止めるかで見分けてください。

 

明治二分判金  

 

 

鋳造期間は、明治元年(1868年)から2年(1869年)。   逆打は希少価値がありその価格も5倍以上に跳ね上がります。

 

逆打とは、二分判金の表面と裏面の方向が逆になっているもので、現在でいうエラーコインにあたります。

 

こちらが明治二分判金の裏面です↓

明治二分判金 表

 

 

こちらが通常の明治二分判金の表面です↓

明治二分判金 裏  

 

 

鋳造量
不明 12,000円 8,000円 6,000円
逆打 70,000円 50,000円 40,000円
品位 金223/銀777 量目 3.00g

 

古銭の種類と価値はこちら

 

 

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。