[スポンサードリンク]

永楽通宝の全種類と特徴、その買取価格

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

永楽通宝』は、穴銭の一種で、その銭の中心には穴銭の特徴である正方形の穴が開いています。

 

寛永通宝と同じくらいコレクターには人気のある穴銭です。

 

この永楽通宝は、もともとは、中国『明』から貿易で室町時代から日本に輸入された銭で、江戸時代 慶長13年(1608年)に通用禁止令がだされるまで流通していました。 

 

ちなみに『永楽』とは、明の第3代皇帝 永楽帝(えいらくてい)を意味しています。

 

豊臣秀吉は、質の良かったその永楽通宝を真似て、日本独自の永楽通宝を作らせ、天正十五年(1587)~天正十八年にかけて戦の恩賞用とされていました。

 

このことから『天正永楽』とも呼ばれています。

 

その日本鋳造の永楽通宝の代表的なものには、『垂足宝』、『ノム楽』、『流永』、『曲永』、『曲永大字』、『中正』があります。

 

また、金銀製は『太閤金銀銭』と呼ばれ、永楽通寳正様、永楽通寳背紋様、永楽通寳潤縁、天正永楽正永、天正永楽直足宝、天正永楽中正、天正永楽潤字、永楽通寳背桐紋、永楽通寳無背文、永楽通寳奇書など11種類存在しています。

 

 

永楽通宝の表面

永楽通宝の全種類と特徴、その買取価格

 

 

永楽通宝の背面

永楽通宝の全種類と特徴、その買取価格

 

永楽通宝の中でも人気のある『ノム楽』の特徴と見分け方のポイントはご覧のとおりです。

 

[見分け方]

1. 付け根がくびれていて、起点が玉だまりができている。

2. 「辶」と「用」が接していること。

3.「用」の2画目の跳ねが縦棒の途中から出ていること。

4. 銭に向かって幺画が「ノ」と「ム」になっています。  この事からノム楽と呼ばれています。

5. 中画が細く短いこと。

 

 永楽通宝 『ノム楽』の見分け方のポイント↓

永楽通宝 『ノム楽』の見分け方のポイント

 

 

『永楽通宝』の全種類と特徴、その買取価格です。

 

名称
素材
年代
西暦
価格
永楽通宝(打製)
天正15年頃
1587年
300,000円~200,000円
永楽通宝(打製 紀州)
江戸時代
1600年~
150,000円~80,000円
永楽通宝(鋳造)
天正15年頃
1587年
80,000円~40,000円
永楽通宝(ノム楽)
天正15年頃
1587年
30,000円~15,000円
永楽通宝(打製背桐)
天正15年頃
1587年
4,000,000円~3,000,000円
永楽通宝(鋳造)
天正15年頃
1587年
1,600,000円~1,000,000円

※日本貨幣商協同組合発行「日本貨幣カタログ」より価格を掲載しております。 ※打製背桐には大小2種類があります。

 

  [スポンサードリンク]

 

 

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。