日本の古銭価格一覧と種類・見分け方が分かる日本古銭専門サイト > 紙幣 > 日本銀行券B号1,000円聖徳太子1,000円の価値と見分け方

日本銀行券B号1,000円聖徳太子1,000円の価値と見分け方

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

今回は、日本銀行券B号1,000円 聖徳太子1,000円の価値と見分け方をご紹介致します。

 

日本銀行券B号1,000円聖徳太子1,000円の価値と見分け方

 

日本銀行券B号1,000円聖徳太子1,000円の価値と見分け方

 

 

ちなみに、このB号とは、1950年から1953年に発行された紙幣で、「1000円」「500円」「100円」「50円」の全部で4種類あります。平成16年(2004年)から発行された福沢諭吉の10,000円紙幣や、樋口一葉が印刷された5,000円紙幣、野口英世の1,000円紙幣はE号と呼ばれています。

 

表面の右側には聖徳太子が印刷され、肖像を囲む円形の枠には法隆寺の古瓦模様(こがわら)がデザインされています。

 

日本銀行券B号1000円聖徳太子

 

また、中央上下には宝相華(ほうそうげ)の唐草模様、地模様には法隆寺が所蔵する玉虫厨子の「透金具(すかしかなぐ)の天平模様」がデザインされています。

 

日本銀行券B号1000円聖徳太子 玉虫厨子の「透金具の天平模様」がデザイン

 

裏面左側には法隆寺夢殿を、右端には正倉院御物の「四騎獅子狩文錦 (しきししかりもんきん)」の織物の図柄の一部分がデザインされています。

 

日本銀行券B号1000円聖徳太子の裏面の法隆寺夢殿

 

 

現在私たちが使用している紙幣には、「記番号」と言って1文字または2文字のアルファベットと6桁のアラビア数字、末尾のアルファベット1文字で印刷されています。

 

紙幣の左上と右下に印刷されている「A123456A」とか「CD888888Z」の番号です。

 

この形式が日本で初めて採用されたのがこの日本銀行券B号1000円聖徳太子からなんですよ。

 

また、現在の紙幣は横長が一般的ですが日本銀行券A号までの紙幣は横長ではなく、正方形まではいかないまでも縦が長い紙幣でした。

 

しかし、この日本銀行券B号から現在の横長のスタイルとなりました。

 

日本銀行券B号1000円聖徳太子の大きさは、76ミリ x 164ミリ です。

 

 

発行年
図案
大きさ
昭和25年1月7日(1950年)
聖徳太子と夢殿
76mm x 164mm

 

気になる価格ですがさきほどご説明をしました記番号で価値が変わってきます。

 

記番号のアルファベットが1文字で未使用品なら、なんと25,000円にもなります。が、アルファベットが2文字なら未使用品でも8,000円と価値が下がってしまいます。

 

これは最初期に印刷されたものがアルファベットが1文字となるため希少価値が高くなり高価な価格で取引がされるってことなんです。

 

これは現在の紙幣も同じで、アルファベットが1文字でA〇〇〇〇〇〇AはAA券と呼ばれる価値があり高額で取引されているんですよ。

 

種類
未使用
極美品
美品
並品
アルファベット1文字
25,000
12,000
6,000
2,500
アルファベット2文字
8,000
5,000
3,500
2,000

※日本貨幣商協同組合発行「日本貨幣カタログ」より価格を掲載しております。

 

 

古銭の価値と種類はこちら

 

 

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。