一分判金の種類と見分け方、価格について

古銭 > 小判金 > 一分判金の種類と見分け方、価格について

 

  [スポンサードリンク]

一分判金の種類と見分け方、価格について

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

一分判金は、慶長6年(1601年)に初めて発行されてから慶応3年(1867年)までに佐渡一分判金を含め、11種類鋳造されました。

形は、長方形で表面の上部に扇の枠の中に五三の桐紋、中部に『一分』の文字と下部に五三の桐紋が刻印されています。

 
文一分判金(真文一分)表

 
裏面には、「光次」の署名と花押が刻印されています。

文一分判金(真文一分)裏

 
二分判金と同様に、裏面右上に鋳造時期を示す年代印が刻印されているものであります。

下記は一分判金の種類と取引価格を表しています。

 

名称
種別
価格(円)
慶長一分判金
江戸座
350,000
250,000
100,000
江逆打
600,000
400,000
300,000
京座
400,000
300,000
130,000
京逆打
700,000
500,000
350,000
駿河座
400,000
300,000
130,000
駿逆打
800,000
550,000
400,000
古鋳前期
1,000,000
600,000
350,000
片本
800,000
500,000
350,000
両本
1,600,000
1,200,000
800,000
元禄一分判金
長元
450,000
250,000
180,000
短元
600,000
400,000
250,000
逆打
700,000
400,000
300,000
宝永一分判金
300,000
200,000
100,000
逆打
800,000
500,000
350,000
正徳一分判金
1,300,000
1,000,000
650,000
享保一分判金
100,000
70,000
50,000
逆打
400,000
300,000
200,000
佐渡一分判金
4,000,000
3,000,000
2,000,000
元文一分判金
40,000
30,000
15,000
逆打
120,000
90,000
60,000
文政一分判金
60,000
35,000
25,000
逆打
150,000
100,000
60,000
天保一分判金
60,000
45,000
30,000
逆打
250,000
180,000
120,000
安政一分判金
ハネ分
500,000
350,000
270,000
トメ分
700,000
500,000
350,000
逆打
1,500,000
1,200,000
800,000
万延一分判金
ハネ分
250,000
200,000
120,000
トメ分
400,000
300,000
200,000
逆打
800,000
600,000
400,000

※「江戸座」、「京座」、「駿河座」とは鋳造地を言います。極印および製作から判断されますが根拠に乏しい。
※上記表の「古鋳」とは下記をご覧ください。

 
慶長一分判金 古鋳

 
※上記表の「片本」、「両本」とは下記をご覧ください。

 
慶長一分判金 片本
右側だけに「本」の文字があるので片本と呼ばれています。

 

 
慶長一分判金 両本
右側だけではなく、左側にも「本」の文字があるので「両本」と呼ばれています。

 

 
それぞれの品位/量目は下記のとおりです。

名称
鋳造期間
品位/量目
慶長一分判金
慶長6年~元禄8年(1601~1695)
金 857/銀143 量目 4.43g
元禄一分判金
元禄8年~宝永7年(1695~1710)
金 564/銀436 量目 4.46g
宝永一分判金
宝永7年~正徳4年(1710~1714)
金 834/銀166 量目 2.33g
正徳一分判金
正徳4年(1714)
金 857/銀143 量目 4.43g
享保一分判金
享保元年~元文元年(1716~1736)
金 861/銀139 量目 4.40g
佐渡一分判金
正徳4年(1714)
金 861/銀139 量目 4.43g
元文一分判金
元文元年~文政元年(1736~1818)
金 653/銀347 量目 3.25g
文政一分判金
文政2年~文政11年(1819~1829)
金 560/銀440 量目 3.27g
天保一分判金
天保8年~安政5年(1837~1858)
金 568/銀432 量目 2.80g
安政一分判金
安政6年(1859)
金 570/銀430 量目 2.24g
万延一分判金
万延元年~慶応3年(1860~1867)
金 574/銀426 量目 0.82g

 

 
裏面右上の鋳造時期を示す年代印を下記にまとめましたのでご参照ください。

名称
品位/量目
元禄一分判金
元禄一分判金
宝永一分判金
宝永一分判金
佐渡一分判金
佐渡一分判金
元文一分判金
元文一分判金(真文)
文政一分判金
文政一分判金(草文)
天保一分判金
天保一分判金
安政一分判金
安政一分判金

 

 

 
※本ページは日本貨幣商協同組合発行「日本貨幣カタログ」より参考、掲載しております。

 

 
[スポンサードリンク]



 

 

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


 

 

関連情報

  1. 天保一分判金の特徴と買取価格の相場
  2. 万延二朱判金の特徴と買取価格の相場
  3. 文政一朱判金(角一朱)の特徴と買取価格の相場
  4. 安政二分判金の特徴と買取価格の相場
  5. 文政一分判金の特徴と買取価格の相場
  6. 安政一分銀の種類と価格の見分け方
  7. 天保一分銀の逆桜で価値や価格が変わります
  8. 一分銀の種類と見分け方、購入価格について
  9. 二分判金の種類と見分け方、価格について
  10. 天保五両判金


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です