日本の古銭価格一覧と種類・見分け方が分かる日本古銭専門サイト > 穴銭 > 寛永通宝 古寛永銭 の全種類とその取引価格
[スポンサードリンク]

寛永通宝 古寛永銭 の全種類とその取引価格

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

寛永銭は、寛永3年(1626年)水戸の住人 佐藤新助によって作られたのが、始まりといわれています。

 

その後、明治初年迄の240余年間、全国に銭座を設けて鋳造され、庶民の銭貨として親しまれました。

 

始めは銭貨に年号を記入していましたが、のちに徳川幕府は年号に関係なく、『寛永通宝』の四文字を銭貨の代名として使用しました。

 

すなわち、徳川時代の銭貨は、宝永通宝天保通宝文久永宝の他はすべて寛永通宝の銭名にて作られています。

 

今日の古銭界では寛永銭を古寛永新寛永に大別していますが、長期にわたり鋳造されたため、その種類は数百種に及びます。

 

古寛永とは、寛永3年(1626年)より寛文8年(1668年)文銭の鋳造が始まる以前の日本各地において鋳造された寛永銭に対する総称で、芝・浅草・坂本・水戸・仙台・吉田・松本・高田・岡山・萩・竹田・建仁寺・沓谷・鳥越などの鋳造地の貨幣があり、以下はその中の代表的なものです。

 

古寛永は書体でその年代や種類を判断しますので、非常に判断が難しいところがあります。 じっくりその書体をお持ちの寛永通宝と比較してみて下さい。

 

二水永(水戸) 寛永3年 40,000~20,000 名称 二水永(水戸)
年代 寛永3年(1626年)
価格 40,000円~20,000円
寛永通宝 芝銭 名称 芝銭
年代 寛永13年(1636年)
価格 500円~150円
寛永通宝 浅草銭 名称 浅草銭
年代 寛永13年(1636年)
価格 1,500円~400円
寛永通宝 坂本銭 名称 坂本銭
年代 寛永13年(1636年)
価格 1,500円~400円
寛永通宝 水戸銭 名称 水戸銭
年代 寛永12年(1635年)
価格 500円~150円
寛永通宝 仙台銭 名称 仙台銭
年代 寛永14年(1637年)
価格 600円~300円
寛永通宝 吉田銭 名称 吉田銭
年代 寛永14年(1637年)
価格 500円~150円
寛永通宝 松本銭 名称 松本銭
年代 寛永14年(1637年)
価格 500円~150円
寛永通宝 高田銭 名称 高田銭
年代 寛永14年(1637年)
価格 500円~150円
寛永通宝 岡山銭 名称 岡山銭
年代 寛永14年(1637年)
価格 500円~150円
寛永通宝 長門銭 名称 長門銭
年代 寛永14年(1637年)
価格 1,500円~500円
寛永通宝 竹田銭 名称 竹田銭
年代 寛永14年(1637年)
価格 1,000円~400円
寛永通宝 岡山銭 名称 岡山銭
年代 寛永16年(1639年)
価格 500円~150円
寛永通宝 建仁寺銭 名称 建仁寺銭
年代 承応2年(1653年)
価格 500円~150円
寛永通宝 沓谷銭 名称 沓谷銭
年代 明暦2年(1656年)
価格 500円~150円
寛永通宝 鳥越銭 名称 鳥越銭
年代 明暦2年(1656年)
価格 500円~150円

※日本貨幣商協同組合発行「日本貨幣カタログ」より価格を掲載しております。

 

 

 

 

 

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


同ジャンル・関連ページ


4 Comments »


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。