天保通宝

古銭 > 穴銭 > 天保通宝

 

  [スポンサードリンク]

天保通宝

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

天保通宝は、天保6年(1835年)に百文通用として鋳造されました。

が、実際には80文で流通しました。

その後、明治時代まで流通はつづきます。

形は、小判型の楕円形で、中心部に正方形の穴があり、他の穴銭と同じです。

表面には「天保通寳」と刻まれ、裏面上部には「當百」と刻まれています。

「當百」は、とうびゃくと読み、1文銭100枚を意味しています。

また、裏面下部には後藤家の花押も刻まれています。

天保通宝は、その年代や天保通宝の書体から24種類の代表的なものがあります。

価格も通常銭の場合は、1,000円から300,000円と幅があります。

最高値は、幕末以降に作られた ”南部 小字”で通常銭で300,000円~100,000円までの評価価格がついています。

名称 素材 年代 価格(円)
母線 通用銭
本座長郭 天保6年~ 80,000 2,000~1,200
本座細郭 天保6年~ 130,000 2,000~1,200
本座広郭 弘化2年~ 50,000 1,800~1,000
本座中郭 慶応2年~ 20,00~10,000
薩摩 短尾通横郭 幕末~ 10,00~5,000
薩摩広郭 幕末~ 3,000~1,500
福岡 離郭 幕末~ 36,000~18,000
岡 痩通 幕末~ 5,000~2,500
高知 額輪短尾通 幕末~ 8,000~3,000
山口 曳尾 幕末~ 25,000~14,000
山口 方字 幕末~ 15,000~8,000
山口 大字平通 幕末~ 80,000~40,000
水戸 濶字退宝 幕末~ 5,000~2,500
水戸 短足宝 幕末~ 5,000~2,500
水戸 大字 幕末~ 8,000~3,500
会津 短貝宝 幕末~ 18,000~10,000
会津 長貝宝 幕末~ 130,000~60,000
会津 広郭長足室 幕末~ 250,000~130,000
秋田 長郭 幕末~ 18,000~10,000
秋田 広郭 幕末~ 25,000~15,000
秋田 離郭 幕末~ 60,000~40,000
南部 大字 幕末~ 50,000~30,000
南部 銅山手 幕末~ 50,000~30,000
南部 小字 幕末~ 300,000~100,000

 

 
[スポンサードリンク]



 

 

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


 

 

関連情報

  1. 新寛永通宝 母銭 元文期 十万坪 背十 の見分け方と買取価格
  2. 新寛永通宝 母銭 虎ノ尾寛(和歌山)の見分け方と買取価格
  3. 洪化通宝の特徴と買取価格の相場
  4. 永楽通宝の全種類と特徴、その買取価格
  5. 寛永通宝 寛文8年(1668年)~享保2年(1717年)に鋳造された新寛永銭の取引価格と見分け方
  6. 絵銭 水戸虎銭と水戸降兵の見分け方と取引価格
  7. 寛永通宝 新寛永銭『背盛』の特徴と見分け方、その取引価格
  8. 寛永通宝 古寛永銭と新寛永銭の見分け方
  9. 寛永通宝 古寛永銭 の全種類とその取引価格
  10. 大泉五十(たいせんごじゅう)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です