[スポンサードリンク]

元文一分判金(真文一分)

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

元文一分判金(真文一分)です。   表側には、「桐紋」が上部と下部に刻印されています。

 

上部の「桐紋」は扇枠に入っていますが、下部の「桐紋」は枠は無く、上下の桐紋では違いがあります。

 

また、表の中央部には、「一分」と刻印されています。   裏側中央から上に、「光次」の署名がされており、中央から下に後藤光次の「花押」が刻印されています。

 

元文一分判金の最大の特徴でもある「文」の文字が右上に刻印されています。   鋳造期間は、元文元年(1736年)から82年間の1818年までです。  

 

文一分判金(真文一分)表面↓

文一分判金(真文一分)表

 

文一分判金(真文一分)裏面↓

文一分判金(真文一分)裏

   

鋳造量
小判鋳造量に含まれる 40,000円 30,000円 15,000円
逆打 120,000円 90,000円 60,000円
品位 金653/銀347 量目 3.25g

  (注)書体に数種有り

 

古銭の種類と価値はこちら

 

 

  [スポンサードリンク]

 

 

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。