日本の古銭価格一覧と種類・見分け方が分かる日本古銭専門サイト > 銀貨 > 新1円銀貨(小型)丸銀左打の価値と見分け方

新1円銀貨(小型)丸銀左打の価値と見分け方

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

今回は、古銭収集家からも大人気がある新1円銀貨(小型)をご紹介致します。

 

この新1円銀貨(小型)は価値のあるものでは、なんと!55万円もの値がつくこともありますのでぜひ最後までお読み下さいね。

 

まず最初になぜ小型と呼ばれるかをご説明を致しますね。

 

お察しのとおり小型があるぐらいですから大型があります!

 

小型と大型の重さは、26.96グラムと全く同じなんですが、大型の方が直径が0.5ミリだけ大きくなっています。その為大型、小型と区別されて呼ばれています。

  小型 大型
重さ 26.96グラム 26.96グラム
直径 38.1ミリ 38.6ミリ
品位 銀90% 銅10% 銀90% 銅10%

 

 

そして!この新1円銀貨には3種類があります。

 

ひとつは、新1円銀貨の表面の左側に ”銀” と打たれた丸銀左打と、右側に ”銀” と打たれた丸銀右打、そして何も打たれていない新1円銀貨の3種類です。

 

丸銀左打よりも丸銀右打の方が価値があり、相場として同等かそれ以上の値がついています。

 

丸銀右打でもっとも値段が高いものは、明治25年(1892年)に鋳造されたもので、330,000円にもなります。

 

一方の丸銀左打で一番高値が付くものは、同じく明治25年で、300,000円もの値がつきます。

 

ただし、明治25年(1892年)に鋳造されたものには前期と後期があり、それら300,000円以上もの値が付くのは前期だけです。残念ながら後期は未使用品でも50,000円の値しか付きません。

 

また、新1円銀貨の表面の左側、右側のどちらにも ”銀” が打たれていない新1円銀貨では、明治25年(1875年)前後であれば、なんと! 550,000万円もの値が付きます。

 

いずれにせよ、こ新1円銀貨(小型)で一番高値が付く年号は明治25年と覚えておいてください(^^♪

 

で!明治25年(1892年)の前期と後期の見分け方は、2点あります。

 

まず1点目が、第一火炎上の “とげ” が後期は3本に対し、前期は4本あります。

 

2点目が龍が口にくわえている珠にある渦巻が、前期が大きく、後期が小さいという違いがありますのでその2点で見分けることになります。

 

その違いはこの写真からご確認下さい。

 

赤丸で囲んだところに注目をして頂きたいのですが、左側の赤丸にはとげが4本あるに対して、右側の写真では3本しかありません。

 

また、青色で囲んだところが2点目なんですが、龍が加えた宝珠に描かれた渦巻の大きさが違います。

 

左側の渦巻の方が右側の渦巻より大きいのがお分かりになるでしょうか。

 

前期の大きい渦巻を宝珠大渦巻、右側の後期の小さい渦巻を宝珠小渦巻と呼びます。

 

新1円銀貨 明治25年前期と後期の違い

 

 

新1円銀貨を購入する際に気を付けないといけないのが模造品です。

 

レプリカとか、参考品とも呼ばれていてオークションサイトで販売されています。

 

残念ながら素人の方はこのレプリカ、参考品を掴まされたりすることもあります。  

 

私もこのレプリカを過去に5枚程買ってしまったこともあります。目が慣れて来た最近は判別が付くようになり、偽物は買わなくなりましたね(^^♪  

 

ちなみに、この1円銀貨は 明治7年(1874年)、京都出身の金工師 加納夏雄がデザインを担当し、”貿易専用貨幣”として製造発行されました。その4年後の明治11年(1878年)より日本国内でも流通できるようになりました。  

 

しかし、明治30年、日本政府は金本位制を公布する貨幣法の制定に際し、1円銀貨の通用停止と引換禁止を決めました。  

 

ところが、日清戦争以来、台湾や朝鮮では、1円銀貨が盛んに流通していて、すぐに通用禁止とすることができず、当分の間、丸銀の刻印を打って、外地でのみ通用を認めることになりました。  

 

いざ、実施してみると、丸銀の刻印の有る無しで、通用する・しないといった市場の混乱が起こったため、明治30年10月に発行した丸銀刻印打ちは翌31年3月にはとりやめとなりました。また、日本国内での流通も禁止されました。

 

1円銀貨表面

新1円銀貨(小型)丸銀左打  

 

1円銀貨背面

新1円銀貨(小型)丸銀左打

 

こちらが新1円銀貨(小型)丸銀左打の価格です。

年号 西暦 未使用 極美品 美品 並品
明治20年 1887 200,000 40,000 25,000 13,000
明治21年 1888 140,000 20,000 12,000 5,000
明治22年 1889 55,000 20,000 12,000 5,000
明治23年 1890 50,000 18,000 12,000 5,000
明治24年 1891 45,000 15,000 10,000 5,000

明治25年

(前期)

1892 300,000 80,000 45,000 20,000

明治25年

(後期)

1892 50,000 18,000 10,000 5,000
明治26年 1893 80,000 25,000 15,000 7,500
明治27年 1894 50,000 15,000 9,000 5,000
明治28年 1895 40,000 15,000 9,000 5,000
明治29年 1896 40,000 15,000 9,000 5,000
明治30年 1897 55,000 20,000 12,000 6,000

※日本貨幣商協同組合発行「日本貨幣カタログ」から引用をさせて頂いております。  

 

 

新1円銀貨(小型) 丸銀なし・丸銀左打・丸銀右打の年代別価値はこちらはこちらから

 

 

 

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


同ジャンル・関連ページ


4 Comments »

  • >この「丸銀」があるものよりは、無いものの方が価値あり
    断言調の発言は控えて頂きたいです。むしろ丸銀がある方が価値が上がるものもありますよね。

    • コメントまことにありがとうございます。返信が遅くなり申し訳ありません。今後ともよろしくお願い致します。

  • 初めまして、とても詳しくてわかりやすい
    サイトですね。

    >この「丸銀」があるものよりは、無いものの方が価値あり

    について丸銀がない方が価値が高いのでしょうか?
    丸銀の意味について教えていただければ嬉しいです。

    ありがとうございました。

    • お問い合わせありがとうございます。

      丸銀の極印を打っているのは、海外でのみ、この一円銀貨の流通を許可していますという証です。

      と言うのも明治30年 当時の政府は1円銀貨の通用停止と引換禁止を決めました。

      ところが日露戦争以後朝鮮や台湾では、1円銀貨が盛んに流通していたため、すぐに使用禁止とはできず、丸銀の極印を打って外地でのみ流通を認めました。

      その丸銀が今では古銭価値が高まり、年代や状態にもよりますが、右丸銀が極印の無いものより取引価格が高くなっています。

      例えば、明治7年前期 美品は、
      丸銀右打 ¥350,000
      丸銀右打 ¥300,000
      丸銀なし ¥300,000
      です。


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。