日本の古銭価格一覧と種類・見分け方が分かる日本古銭専門サイト > 銅貨 > 稲5銭白銅貨の価値と見分け方|明治36年は45万円の価値!

稲5銭白銅貨の価値と見分け方|明治36年は45万円の価値!

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

今回は、近代貨幣のひとつ稲5銭白銅貨価値と見分け方をご紹介致します。

 

明治36年(1903年)に発行された稲5銭白銅貨は45万円もの価値がありますので最後までお読み下さいね(^^♪

 

稲5銭白銅貨は、明治30年(1897年)から明治38年(1905年)にかけて発行された銅貨です。

 

表面には、稲がデザインされています。そのため稲5銭と呼ばれています。

 

稲5銭白銅貨

 

 

裏面には、旭日が中央に描かれ、それを囲むように「大日本 年後 5SEN」と刻印されています。

 

稲5銭白銅貨

 

 

大きさは直径が20.6ミリで現在我々が使用している1円玉の20ミリとほぼ同じ大きさです。また重さは4.6グラムと10円の4.5グラムとほぼ同じ重さです。

 

発行年間
明治30年(1897年)~明治38年(1905年)
大きさ
20.6ミリ
量目
4.6g
素材
銅 75%, ニッケル 25%

 

 

気になる価値ですが明治36年の発行枚数が37万枚と極小のため希少価値が高くなり、なんと!完全未使用なら45万円もの価値となります。また、明治37年も発行枚数が少ないため12万円もの値が付きます。

 

この稲5銭白銅貨は完全未使用なら比較的価値が高い古銭となります。

 

製造された年代と、その銀貨の保存状況により下記の表のとおり価格が変わってきます。 

 

年号
西暦
発行枚数(枚)
価格(円)
完未
未使用
極美品
美品
並品
明治30年
1897
4,167,020
90,000
60,000
12,000
6,000
3,500
明治31年
1898
18,197,271
30,000
25,000
5,000
1,800
1,000
明治32年
1899
10,658,052
30,000
25,000
5,000
1,800
1,000
明治33年
1900
2,426,632
50,000
45,000
6,000
4,000
2,500
明治34年
1901
7,124,824
30,000
27,000
5,000
2,000
1,400
明治35年
1902
2,448,544
60,000
50,000
10,000
7,000
3,500
明治36年
1903
372,000
450,000
300,000
100,000
60,000
45,000
明治37年
1904
1,628,000
120,000
90,000
20,000
12,000
7,000
明治38年
1905
6,000,000
30,000
25,000
10,000
2,500
1,200

※明治39年、明治42年銘があります。 ※日本貨幣商協同組合発行「日本貨幣カタログ」より価格を掲載しております。

 

 

古銭の種類と価値はこちら

 

 

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。