[スポンサードリンク]

旭日20銭銀貨

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

近代貨幣のひとつ旭日20銭銀貨です。旭日20銭銀貨は明治39年から明治44年までの6年間発行されていた銀貨で、最終年銘の明治44年のものは50万枚しか発行されず、完全未使用なら38万円もの値が付きます。その他の年でも完全未使用なら数万円、並になると数百円の価値しかありません。ただし、明治44年のものは並品でも2万円前後の価値になります。

 

 旭日20銭銀貨

 

 旭日20銭銀貨

 

発行年間
1906年(明治39年)~1911年(明治44年)
大きさ
20.30ミリ
量目
4.05g
素材
銀 80%, 銅 20%

 

製造された年代と、その銀貨の使用状況により下記の表のとおり取引価格が変わってきます。また、明治44年に発行された旭日20銭銀貨は数が少なく希少価値があり取引価格も高額となっています。お持ちの銀貨の価格を調べてみてはいかがでしょうか。

 

年号
西暦
価格(円)
完未
未使用
極美品
美品
並品
明治39年
1906
70,000
35,000
7,000
1,400
700
明治40年
1907
24,000
16,000
2,000
700
350
明治41年
1908
24,000
16,000
2,000
700
350
明治42年
1909
24,000
16,000
2,500
700
350
明治43年
1910
24,000
13,000
2,000
700
350
明治44年
1911
380,000
250,000
50,000
30,000
18,000

※日本貨幣商協同組合発行「日本貨幣カタログ」より価格を掲載しております。

 

そのほかの古銭の価値を知りたい方はこちら

 

  [スポンサードリンク]

 

 

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。