皇朝十二文銭

古銭 > 穴銭 > 皇朝十二文銭

 

  [スポンサードリンク]

皇朝十二文銭

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

和銅元年(708年)初鋳の和同開珎から天徳2年(958年)の乾元大宝までの250年間にわたり鋳造された12種類の貨幣を皇朝銭と言います。

流通した貨幣の中で最古に鋳造されのがこの皇朝銭の和同開珎です。

12種類あることから、皇朝十二文銭とも呼ばれています。

その12種類の皇朝銭の年代と価格は以下のとおりです。

和同開珎を例に説明すると、550万円から18万円と大きな幅があります。

これは、和同開珎には、古和同開珎和同開珎の2種類があります。

古和同開珎は、素材はもろく、作りも書体も幼稚です。

それに対し和同開珎は素材も固く、制作も良いです。

さらに書体も均一的なのが特徴です。

ゆえに古銭の価値的には粗末な古和同開珎の方が人気があるのです。

古和同開珎は、550万円から80万円、

和同開珎は250万円から18万円と価格も下がります。

この最安値の18万円の和同開珎は、中字(標準銭)でもっとも基本的な書体です。

和同開珎は銅でしか鋳造されていませんが、古和同開珎は銀で作られたり、銀と銅を含んで鋳造されたものもあります。

高額な和同開珎とは書体が違っています。

このように年代とその書体によりその価格も大きく変わることになります。

ちなみに和同開珎の参考品(模造品)もあります。 素人では判断が付きづらいものも実際ありますので注意しましょう。

名称 価格(万円) 西暦
和同開珎 550~18 708年
萬年通宝 35~8 760年
神功開宝 100~5 765年
隆平永宝 200~8 796年
富嘉神宝 200~7 818年
承和昌宝 60~12 835年
長年大宝 120~18 848年
饒益神宝 400~150 859年
貞観永宝 25~12 870年
寛平大宝 70~7 890年
延嘉通宝 30~4 907年
乾元大宝 30~4 958年

 

 
[スポンサードリンク]



 

 

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


 

 

関連情報

  1. 新寛永通宝 母銭 元文期 十万坪 背十 の見分け方と買取価格
  2. 新寛永通宝 母銭 虎ノ尾寛(和歌山)の見分け方と買取価格
  3. 洪化通宝の特徴と買取価格の相場
  4. 永楽通宝の全種類と特徴、その買取価格
  5. 寛永通宝 寛文8年(1668年)~享保2年(1717年)に鋳造された新寛永銭の取引価格と見分け方
  6. 絵銭 水戸虎銭と水戸降兵の見分け方と取引価格
  7. 寛永通宝 新寛永銭『背盛』の特徴と見分け方、その取引価格
  8. 寛永通宝 古寛永銭と新寛永銭の見分け方
  9. 寛永通宝 古寛永銭 の全種類とその取引価格
  10. 大泉五十(たいせんごじゅう)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です