日本の古銭価格一覧と種類・見分け方が分かる日本古銭専門サイト > 穴銭 > 新寛永通宝 母銭 虎ノ尾寛(和歌山)の見分け方と買取価格

新寛永通宝 母銭 虎ノ尾寛(和歌山)の見分け方と買取価格

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

今回は、数ある寛永通宝のなかから「虎ノ尾寛」と呼ばれる寛永通宝の買取価格と見分け方をご紹介致します。

 

ちなみに、なぜ「虎ノ尾寛」と呼ばれるかというと、『寛』の13画目が虎の尻尾のように長く上向いているからなんですよ(^^♪

 

この寛永通宝『虎ノ尾寛』は、1740年頃 紀伊国名草郡中之島村、現在の和歌山海草郡で鋳造されました。

 

その為、『和歌山銭』とか『中之島銭』とも呼ばれたりします。

 

冒頭でも申し上げましたが、この寛永通宝の特徴は『寛』の13画目にあります。

 

では、その見分け方と特徴を説明致しますね。

 

まず新寛永通宝か古寛永を見分けます。

 

赤丸で囲った『寶』の『貝』に注目して下さい。 

 

赤丸のように『ハの字』になっていれば新寛永通宝です。

 

『ス』になっていれば古寛永通宝です。

 

次に、『寛』の字に注目して下さい。

 

最後の13画目が写真の様に、まるで虎の尻尾(しっぽ)のように長くなっていれば「虎ノ尾寛(和歌山)」です。

 

新寛永通宝 母銭 虎ノ尾寛(和歌山)の見分け方と買取価格

 

新寛永通宝 母銭 虎ノ尾寛(和歌山)面(表側)

新寛永通宝 母銭 虎ノ尾寛(和歌山)の見分け方と買取価格

 

新寛永通宝 母銭 虎ノ尾寛(和歌山)背(裏側)

新寛永通宝 母銭 虎ノ尾寛(和歌山)の見分け方と買取価格

 

気になる価値ですが、通常銭なら2,000円から4,000円、母銭ともなるとその約10倍の価値に跳ね上がります。

 

ちなみに、母銭とは、通常の寛永銭を鋳造する時の母型(ぼけい)で、材質や寸法に違いがあります。通常銭よりほんのわずかだけ大きく、文字なども鮮明という特徴があります。

 

名称
素材
年代
西暦
価格
母銭
適用銭
虎ノ尾寛(和歌山)
元文期
1740年頃
¥30,000~¥20,000
¥4,000~¥2,000

※日本貨幣商協同組合発行「日本貨幣カタログ」より価格を掲載しております。

 

そして、『虎ノ尾寛』と呼ばれるものに、もう一種類、深川十万坪で作られた『虎ノ尾寛』があります。

見分け方は書体が違うことです。

 

こちらがその深川十万坪で作られた『虎ノ尾寛』です。

↓こちらが虎ノ尾寛小字(十万坪)の表面です。

虎ノ尾寛小字(十万坪)表

 

和歌山で作られた『虎ノ尾寛』の文字の書体に比べて、深川十万坪で作られた『虎ノ尾寛』は、線が細く字が小さいのが特徴です。

 

↓こちらが虎ノ尾寛小字(十万坪)の裏面です。

虎ノ尾寛小字(十万坪)裏

深川十万坪で作られた『虎ノ尾寛』の価値は、通常銭で、300円から500円。母銭なら25,000円から40,000円にもなります。

 

名称
素材
年代
西暦
価格
母銭
適用銭
虎ノ尾寛小字(十万坪)
元文元年
1736年頃
¥40,000~¥25,000
¥500~¥300

※日本貨幣商協同組合発行「日本貨幣カタログ」より価格を掲載しております。

 

寛永通宝の種類と買取価格はこちら

 

 

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。