日本の古銭価格一覧と種類・見分け方が分かる日本古銭専門サイト > 銅貨 > 桐1銭青銅貨の特徴と価値・見分け方をご紹介

桐1銭青銅貨の特徴と価値・見分け方をご紹介

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

今回は、近代貨幣のひとつ桐1銭青銅貨の特徴と価値・見分け方をご紹介致します。

 

桐1銭青銅貨は大正5年(1916年)から昭和13年(1938年)にかけて発行されました。

 

見分け方は簡単で、表面には、10花弁(10個のはなびら)の菊が上下に2つ刻印され、中央には「1銭」の文字、その周りには唐草模様がほどこされています。

 

また、裏面には、桐と桜が描かれています。

 

この桐と日本人の歴史は古くあの太閤秀吉(豊臣秀吉)も家紋として使用していました。

 

江戸時代の大判金や小判金、二分判金などにも「五三の桐」が刻印されています。

 

現在は、日本国政府の紋章としてパスポートや500円硬貨でよく目にしますね。

 

なぜ、このように日本人にとってこの桐が関係深いかというと、伝説の霊鳥である「鳳凰(ほうおう)」が唯一止まる木とされています。

 

その鳳凰は、吉兆(めでたいことの起こる前ぶれ)を示す鳥とされています。

 

その為、鳳凰がその姿を表した時、唯一止まる木が「桐」である為、神聖化されているという訳なんです(^^♪

 

で、桐1銭青銅貨の気になる価値ですが、当時は低額面の為、大いに使用されたことから未使用品は希少で高いものでは、35,000円にもなります。

 

大正3年(1914年)、第一次世界大戦が開始されると日本は大戦景気に沸きました。が、その反面、金属の値段が高騰し、コスト削減のため重さが半分近く減らされました。

 

桐1銭青銅貨が発行される前に使用されていた稲1銭青銅貨は重さが7.13グラム、その前の竜1銭銅貨は、7.13グラムもあり、桐1銭青銅貨が重さ3.75グラムですから約半分の重さになっています。

 

桐1銭青銅貨の表面↓

 桐1銭青銅貨-表

 

桐1銭青銅貨の裏面↓

 桐1銭青銅貨-裏

 

桐1銭青銅貨の特徴

発行年間
1916年(大正5年)~1938年(昭和13年)
大きさ
23.03ミリ
量目
3.75g
素材
銅 95%, 錫 40% 亜鉛 10%

 

製造された年代と、その銅貨の保存状態により下記の表のとおり価値が変わってきます。

 

年号
西暦
価格(円)
完未
未使用
極美品
美品
並品
大正5年
1916
15,000
10,000
4,000
700
200
大正6年
1917
10,000
8,000
2,000
300
100
大正7年
1918
3,000
2,000
250
100
50
大正8年
1919
2,000
1,000
150
60
40
大正9年
1920
2,000
1,000
150
60
40
大正10年
1921
2,000
1,000
150
60
40
大正11年
1922
2,000
1,000
150
60
40
大正12年
1923
3,000
2,000
150
60
40
大正13年
1924
2,000
1,000
150
60
40
昭和2年
1927
10,000
8,000
1,500
700
200
昭和4年
1929
15,000
10,000
8,000
6,000
3,000
昭和5年
1930
35,000
20,000
5,000
3,000
1,500
昭和6年
1931
5,000
4,000
1,000
400
100
昭和7年
1932
4,000
2,000
500
300
80
昭和8年
1933
2,000
1,000
300
150
60
昭和9年
1934
2,000
1,000
150
70
50
昭和10年
1935
1,000
700
100
60
40
昭和11年
1936
1,000
700
100
60
40
昭和12年
1937
1,000
700
100
60
40
昭和13年
1938
1,000
700
100
60
40

※日本貨幣商協同組合発行「日本貨幣カタログ」より価格を掲載しております。

 

そのほかの古銭の価値を知りたい方はこちら

 

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。