日本の古銭価格一覧と種類・見分け方が分かる日本古銭専門サイト > 銀貨 > 記念貨幣1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨の価値と価格

記念貨幣1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨の価値と価格

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

今回は、1964年(昭和39年)に開催された東京オリンピック記念貨幣1,000円銀貨の価値と価格をご紹介致します。

 

同時期に発行された100円銀貨の直径 22.6mm と比べると35mmと1.5倍ほどの大きさがあり、古銭マニアの間でも人気があります。

 

重さも20グラムと現在使用されている500円銀貨(7グラム)の約3倍ほどの重さがあります。

 

また、1964年発行の東京オリンピックの記念貨幣の9割以上が銀が占めているのも大きな特徴です。ちなみに、現在の使用されている500円銀貨には、銀は含まれておらず、銅・亜鉛・ニッケルから作られています。

 

表面には、日本を象徴する富士山と日本人の文化に溶け込んだ桜の花がきざまれています。裏面には、「1000YEN」の文字と、オリンピックの5輪のマーク、縁には桜の花が刻まれております。

 

完全に未使用であれば10,000円と額面の10倍の価格まで価値が上がっていることは、持っている方にとっては嬉しいですよね。写真の1000円銀貨はあまり状態が良くないので額面以上の価値はありませんが、ヤフオクなどではとても状態が良い1000円銀貨が2000円前後で売られているのでビックリです(^^♪

 

発行枚数は1500万枚と多いのですが、当時はこの千円銀貨の引き換えの為、銀行に長蛇の列ができ徹夜組が出るほどの人気だったそうです。また、記念貨幣の最初の発行がこの1964年の東京オリンピック記念銀貨なんですよ! 

 

ちなみに、百円銀貨のデザインのみが一般公募され神戸市在住で百貨店勤務の女性(20)の作品が選ばれたそうです。

 

1964年と言えば、プロ野球では王貞治(現在福岡ソフトバンクホークス会長)がセリーグの本塁打王・打点王に輝き、また、相撲界では横綱 大鵬が1月場所と3月場所で全勝優勝した年でもあります。

 

銀貨の状態別に価格を掲載しておりますので取引時の価格や価値の確認の参考にして下さい。

 

記念貨幣 1964年 東京オリンピック記念1,000円銀貨 

 

 記念貨幣 1964年 東京オリンピック記念1,000円銀貨

 

発行日
昭和39年10月2日(1964年)
追加発行
10月29日
直径
35mm
量目
20g
素材
銀 92.5%, 銅 7.5%

 

東京オリンピック記念1,000円銀貨の使用状況により下記の表のとおり取引価格が変わってきます。 お持ちの銀貨の価格を確認してみてください。

 

発行枚数
価格
完未使用
未使用
美品
並品
15,000,000枚
10,000
5,000
3,000
2,000

※日本貨幣商協同組合発行「日本貨幣カタログ」より価格を掲載しております。

 

 

古銭の種類と価値の見分け方はこちらから

 

 

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。