嘉永一朱銀

古銭 > 小判金 > 嘉永一朱銀

 

  [スポンサードリンク]

嘉永一朱銀

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

一朱銀には、文政南鐐一朱銀嘉永一朱銀明治一朱銀の3種類があります。

写真は、その中の一つ「嘉永一朱銀」です。

嘉永一朱銀の「」、「」、「」の筆端が跳ね上がっているものであれば希少価値も変わってきます。

矢印裏面「銀」の第1画の筆端が跳ね上がっているものを跳銀

矢印裏面「座」の第3画の筆端が跳ね上がっているものを跳座

矢印裏面「是」の第8画の筆端が跳ね上がっているものを跳是

矢印表面「朱」の文字の第5画、「銀」の第1画、更に裏面「座」の第3画がそれぞれ筆端が跳ね上がっているものを「三つ跳・座

矢印表面「朱」の文字の第5画、「銀」の第1画、更に裏面「銀」の第1画のそれぞれ筆端が跳ね上がっているものを「三つ跳・銀

残念ながら写真の嘉永一朱銀は普通品です。

鋳造期間は、嘉永6年(1853年)から慶応元年(1865年)までです。

嘉永一朱銀

嘉永一朱銀(表面)



嘉永一朱銀

嘉永一朱銀(裏面)



写真では大きく見えますが、かなり小さく、実際の大きさは縦1.5センチ、横0.8センチ程度です。

鋳造量 名称
159,244,800枚 普通品 3,500円 2,500円 1,800円
跳銀 4,000円 3,000円 2,000円
跳座 4,500円 3,500円 2,300円
跳是 5,500円 4,000円 3,000円
三ッ跳・銀 18,000円 15,000円 9,000円
三ッ跳・座 20,000円 17,000円 10,000円
品位 銀968/その他32 量目 1.89g


(注)逆打ち・定落有り が、希少

 

 
[スポンサードリンク]



 

 

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


 

 

関連情報

  1. 天保一分判金の特徴と買取価格の相場
  2. 万延二朱判金の特徴と買取価格の相場
  3. 文政一朱判金(角一朱)の特徴と買取価格の相場
  4. 安政二分判金の特徴と買取価格の相場
  5. 文政一分判金の特徴と買取価格の相場
  6. 安政一分銀の種類と価格の見分け方
  7. 天保一分銀の逆桜で価値や価格が変わります
  8. 一分銀の種類と見分け方、購入価格について
  9. 一分判金の種類と見分け方、価格について
  10. 二分判金の種類と見分け方、価格について


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です