[スポンサードリンク]

文政小判金(草文小判)

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

文政小判金(草文小判)です。   裏には文政を表す「文」の刻印が打たれています。鋳造期間は、文政2年(1819年)から11年(1828年)です。

 

文政小判は、江戸時代に7番目に通用された小判で、別名「新文字小判」、「草文小判」とも呼ばれます。

 

元文小判と同様に「文」字が打印されていますが、文政小判は文字が草書体であり、これのことが「草文」の由来でもあります。

 

また、裏面には、「文」の刻印以外にも、「金座人印」と「吹屋棟梁印」が刻印されています。

 

写真の文政小判金は金座人印が「石」、吹屋棟梁印が「吉」ですが、「吉」の刻印は縁起が良いとされ希少価値があります。

 

なかでも、偶然大吉と呼ばれる「大」「吉」は、倍以上の買取り価格が付きます。

 

通常の取引価格は、流通小判で並品でも20万、美品だと35万円もの買取り価格が付きます。そのほかにも献上判があり、170万円から80万円の買取り価格が付きます。

 

文政小判金(草文小判)表

 

文政小判金(草文小判)裏 

 

こちらが文政小判金の買取り価格になります。

鋳造量
11,043,360両 350,000円 300,000円 200,000円
偶然大吉 800,000円 600,000円 450,000円
献上判 1,700,000円 1,200,000円 800,000円
品位 金559/銀441 量目 13.07g

※日本貨幣商協同組合発行「日本貨幣カタログ」より価格を掲載しております。

※実際の買取り価格は変動しますのでご注意下さい。

 

古銭の種類と価値はこちら

 

 

  [スポンサードリンク]

 

 

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。