天保五両判金

古銭 > 小判金 > 天保五両判金

 

  [スポンサードリンク]

天保五両判金

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

天保の改鋳で大判、小判は品質を著しくおとしました。
※改鋳とは、金の量目の多い判金を回収し、金の量目を減らして判金を発行することです。

この天保の時期に徳川300年の歴史で唯一と言われる五両判金が作られました。

品位は金842/銀158で、慶長小判金、正徳小判金、享保小判金を除いては類をみないほどの高品位です。

天保五両判金

しかし、量目が33.75gしかなかく、小判金5枚を合わせた金量より少なかった為一般的には嫌われています。

製法は天保小判と同様に手打ちではなく、ローラーで平らにしている為、判肌は綺麗です。 大きさに多少、大小があります。

鋳造期間は、天保8年から天保14年(1837年~1843年)です。

 

鋳造量
172,275両
3,000,000
1,800,000
1,500,000
献上大吉
4,500,000
3,500,000
2,500,000

 

 
大きさと品位は下記をご参照ください。

名称
縦(mm)
横(mm)
量目(g)
品位
天保五両判金
95
54
33.75
金842/銀158

 

 
[スポンサードリンク]



 

 

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


 

 

関連情報

  1. 天保一分判金の特徴と買取価格の相場
  2. 万延二朱判金の特徴と買取価格の相場
  3. 文政一朱判金(角一朱)の特徴と買取価格の相場
  4. 安政二分判金の特徴と買取価格の相場
  5. 文政一分判金の特徴と買取価格の相場
  6. 安政一分銀の種類と価格の見分け方
  7. 天保一分銀の逆桜で価値や価格が変わります
  8. 一分銀の種類と見分け方、購入価格について
  9. 一分判金の種類と見分け方、価格について
  10. 二分判金の種類と見分け方、価格について


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です