日本の古銭価格一覧と種類・見分け方が分かる日本古銭専門サイト > 小判金 > 大判金の種類と価格|天正菱大判金は世界に6枚だけ1億円以上の価値

大判金の種類と価格|天正菱大判金は世界に6枚だけ1億円以上の価値

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

今回は、桃山時代から江戸時代に鋳造された大判金種類価格についてご紹介を致します。

 

時代劇で、悪徳商人「越後屋」がお代官様へ賄賂として風呂敷に包まれたお金を渡しているシーンを見たことはありますか?

 

そのシーンで渡しているお金が小判金で、大きさは、縦が3.5センチ前後から8センチ程度、横幅が大きいもので4センチ程度です。

 

一方、大判金の大きさは、縦が14センチ前後から17センチ、横幅が8センチから9センチ前後と小判金の倍の大きさがあります。

 

そんな大判金は希少価値が高く、高価なものでは、なんと!1億円以上にもなります。

 

そんな大判金の種類と価格について詳しくご説明をしておりますので最後までお読み下さいね(^^♪

 

大判金の種類

 

桃山時代から江戸時代に鋳造された大判金は、全部で11種類あり高いものでは1億円以上もします。

 

・天正菱大判金
・天正長大判金
・天正大判金
・慶長笹書大判金
・慶長大判金
・慶長大判金(明暦判)
・元禄大判金
・享保大判金
・天保大判金
・万延大判金(たがね打)
・万延大判金(のし目打)

 

こちらが天正菱大判金でその存在が確認できているのは、世界でたった6枚だけです。この天正菱大判金は、豊臣秀吉が贈答儀礼用として作らせたのが始まりといわれており、現在では美術品としての価値も非常に高い大判金です。

 

 

天正菱大判金

 

その6枚のうち4枚は東京国立博物館、日本銀行紙幣博物館、造幣博物館(大阪)、韓国サムスンのプライベート美術館にあります。また、1枚は2015年5月スイスのオークションにかけられ1億4300万円で落札されています。

 

天正菱大判金は、足利幕府の抱え工で刀装具彫物の名門、京都・後藤家の直系、祐徳により作成されました。

 

祐徳は、天正菱大判金の表面の上下の五三桐門の極印(きわめいん)を菱形の枠で囲みました。また、後藤家の直系、徳乗は天正長大判金の表面の上下にある五三桐門の極印を丸形の枠で囲んでいます。

 

さきほど、上の写真でご覧いただいた天正菱大判金は、上下の五三桐門の極印が菱形の枠で囲まれているので祐徳の制作によるものと分かります。

 

 

↓こちらが後藤家の直系、徳乗によって作成された天正長大判金です。

 

天正長大判金

 

↓こちらが天正大判金で、天正元年(1573年)から慶長14年(1609年)にかけて鋳造されました。第5代 後藤徳乗により墨書されています。

 

天正大判金

 

 

↓こちらの慶長笹書大判金は、後藤長乗によって製作され、長乗によって書かれた墨書が笹の葉の流れを思わせるところから慶長笹書大判金と呼ばれています。

 

慶長笹書大判金

 

 

↓こちらが慶長大判金で、慶長6年(1601年) 後藤顕乗によって墨書きがされています。

 

慶長大判金

 

 

↓こちらが享保大判金です。第12代 後藤寿乗により墨書がされています。そのほか、第13代 後藤延乗、第14代 後藤桂乗、第15代 後藤真乗、第16代 後藤方乗により墨書がされている享保大判金もあります。

 

享保大判金

 

↓こちらが天保大判金です。第16代 後藤方乗によって墨書きがされています。

 

天保大判金

 

↓こちらが万延大判金(たがね打)です。第17代 後藤典乗により墨書されています。

 

万延大判金(たがね打)

 

↓こちらが万延大判金(のし目打)です。第17代 後藤典乗により墨書されています。

 

万延大判金(のし目打)

 

大判金と呼ばれるものは、万延大判金をのぞき常に10両(44匁、165g)に定められていました。が、慶長時代は7両程、幕末には20両以上の小判と取引がされていました。

 

 

大判金の価格

 

大判金の特徴はなんといっても表面に書かれている「墨書き(すみがき)」です。

 

もちろんその大きさも目を引くのですが、この墨書きの状態によってもその価値が変わってきます。

 

鋳造当時の墨書がそのまま残っているものは「元書(もとがき)」と呼ばれ、もっとも珍重されます。

 

元書の傷や取れ具合でも価値は変わってきます。その次は、大判座で書き改められた「直し書」です。

 

第3者によりなぞり書きされた「加筆」や「後書」はその評価を下げます。

 

下記が大判金の価格です。 

 

名称
鋳造期間
西暦
価格(円)
天正菱大判金
天正
1573~1591
100,000,000以上~
70,000,000
天正長大判金
天正
1573~1591
50,000,000~25,000,000
天正大判金
天正~慶長14年
1573~1609
25,000,000~15,000,000
慶長笹書大判金
慶長6年~
1601~
45,000,000~25,000,000
慶長大判金
慶長6年~
1601~
33,000,000~16,000,000
慶長大判金
(明暦判)
明暦4年~
1658~
28,000,000~13,000,000
元禄大判金
元禄8年~享保元年
1695~1716
28,000,000~13,000,000
享保大判金
享保10年~天保8年
1725~1837
9,000,000~3,500,000
天保大判金
享保9年~万延元年
1838~1860
10,000,000~5,000,000
万延大判金
(たがね打)
万延元年~文久2年
1860~1862
6,000,000~2,500,000
万延大判金
(のし目打)
万延元年~文久2年
1860~1862
3,500,000~2,000,000

 

さらに享保大判金には5つの墨書と座人印があり希少価値が高いものでは900万円にもなります。

 

名称
鋳造量
後藤 寿乗(十二代)
8,515枚
9,000,000円
7,000,000円
4,500,000円
後藤 延乗(十三代)
8,500,000円
6,000,000円
4,500,000円
後藤 桂乗(十四代)
8,500,000円
6,000,000円
4,500,000円
後藤 真乗(十五代)
6,500,000円
5,500,000円
4,000,000円
後藤 万乗(十六代)
5,500,000円
4,500,000円
3,500,000円

 

 

古銭の種類と価値の見分け方はこちらから

 

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket


同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。