[スポンサードリンク]

天保小判金(保字小判)

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

私が所持しているお気に入りの一枚でもあります   天保小判金(保字小判)   です。   裏には「保」の刻印が打たれています。「保」は、天保を表しています。   鋳造期間は、天保8年(1837年)から21年(1858年)。  

 

また、金座人印「坂」、吹屋棟梁印「東」です。   もちろん、本物です♪   どっしりとした重みがたまりません。  

 

天保小判金(保字小判)表面↓

天保小判金(保字小判)表

 

 

天保小判金(保字小判)裏面↓

天保小判金(保字小判)裏

 

鋳造量
8,120,450両 270,000円 240,000円 200,000円
偶然大吉 800,000円 600,000円 400,000円
献上判 1,500,000円 1,000,000円 800,000円
品位 金568/銀432 量目 11.20g

 

古銭の種類と価値はこちら

 

 

  [スポンサードリンク]

 

 

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。